ロザリオの十字軍の編成




ロザリオの十字軍への連絡…


最近福島の4号機から以前ほど大量ではありませんが、水蒸気が漏れているという記事、また最近東北や関東の町で湿度100%という記事を読みました。9月12日に終息した殺人的水蒸気の噴出に比べれば、大したことはないと言えないこともありませんが…。もしそれが放射性水蒸気であれば、問題ないとはけっして言えません。

12月8日には、聖母の無原罪の御孕りの1級大祝日が来ます。その大祝日に向かって、みなでロザリオのノヴェナを日本の救いのためにしましょう。11月29日にはじめて12月7日終わります。昔のカトリック信者は大祝日に向けてしばしばノベナをしました。

転載:
「フクイチの現状は、良くない。
本年3月~9月の猛烈な放射性水蒸気の噴出。あれほどは酷くないが…、良くない噴霧器だ。(飯山一郎) http://grnba.jp/index.html#ss11131



「ビンゴたろう ‎@sp9bingotarou

@iiyama16
【特メモ】11月8・9・10日 全国的に湿度上昇 
100%発生地点多数 特に宮古、軽井沢 記録的規模で発生

福一ライブ画像(11.10-01:17)  懸念増大
2015年11月12日 23:26



福島の4号機の水蒸気の問題や第三次世界大戦、中国の侵略等、祖国日本を救うためには、ロザリオを祈ることです。聖母はそうおっしゃっています。できればロザリオ1環(できなければロザリオ1連でも…)。九日間の間に1日断食をできればします.前回と同じ要領で・・・。


九日間の間に、日本の守護者聖フランシスコ・ザビエルの1級大祝日12月3日があります。この日本の守護者にもとりつぎを願いながらロザリオを熱心に祈りましょう。
祈りは決して無駄にはなりません。
(2015年11月18日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


神の奇蹟!…されば神に感謝!!


昨日ロザリオの十字軍の一人の方からメールで、下記のブログの記事についての連絡がありました。

http://grnba.com/iiyama/

「臨界デブリに劇的変化
濃霧が消えた
逃げる必要は ない!」

8月15日の被昇天の大祝日に向けて、50人弱の日本の「ロザリオの十字軍」が日本の救いのためにノヴェナを祈りました。ノヴェナの間に見た、暗い林が花盛りの林になったというヴィジョン(2015年8月12日)がありましたが、これはその奇蹟的な意味ではないでしょうか!

個人的に私はそう思います。神は日本を愛されている!!

これは、ロザリオの十字軍が8月15日に向けてロザリオ、断食をして心を一つにしてノヴェナを祈ったことの幸いな報いではないか、と思うのです。(2015年7月31日記事参照)

ロザリオの祈りは強い、原子爆弾よりも。

奇蹟的に、殺人的な水蒸気が止まったことに感謝のロザリオ1連を祈りましょう。(2015年9月24日)贖虜の聖マリアの1級祝日に。

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


昨日は…


昨夜は大雨で、3時ごろから犬のグレイがわんわん吠えて目が覚めました。雨が犬小屋に浸水していたのでした。今朝、敷地にも水があふれています。小川があふれたのです。金魚やメダカも小川から溢れて外に出たかもしれません。あとで敷地を探してみます。水がひいてしまえば、金魚もメダカも死んでしまいます。

昨日は関東と東北は大雨のため洪水や土砂崩れなどが起こったのでした。映像で家の流されるのを見ました…。

昨日、ロザリオの十字軍への御申し込みがありました。47名になりました!この方は、御聖体訪問の後、(天に)導かれてこのサイトとMDMのサイトを知ったそうです。

日本はカトリック信者の数は少ないですが、みな日本殉教者の末裔です。日本の殉教者の数は、ローマの殉教者に匹敵すると言われています。

ロザリオの十字軍は、祈りによって一致し、主と聖母のために働きます。日本の救いのため、家族のため、そして世界の人々の救霊のため全世界のレムナントアーミーの一員として。日々ロザリオ、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りを祈りながら進むのです。(2015年9月11日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


感想・・・ノヴェナを終えて


被昇天祭へ向けてのノヴェナを終えた後、何か感想を書こうと思っていましたが、体調が絶不調となり、今まで伸びてしまいました。頑固な不眠、喘息系の呼吸困難、鉄板のような肩こり…でした。

ノヴェナの間に、ローキュションとヴィジョンが,同じ日に一つづつありました。次のようなものです。


2015年8月12日 NEW イエズス'' :日本で1番汚染されているのは、東京と福島だ。


2015年8月12日 NEW 深夜に。 ヴィジョン'':暗い林が見えた。その林にピンク色の花が2,3個咲いた。次にピンク色の花盛りの林に変わった。




花盛りの林のヴィジョンは、何か良いことを暗示しているように思えます。具体的に何かはわかりません。時が来ればわかるでしょう。

日本の救いのために祈る、人事を尽くすことがロザリオの十字軍に求められています。(2015年9月9日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成




2012年10月2日
(マリア・イマクラータへのメッセージ)

主イエズス:そうだ。中国軍は攻めてくるのだ。十字架が旗に入らなければ、6割の日本人は虐殺される。
ロザリオの十字軍を起こしなさい。もっと、もっと祈るのだ
聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。



ロザリオの十字軍への連絡…


まもなく8月。聖母の被昇天の大祝日、8月15日が近づいています。
伝統的に、昔から被昇天の大祝日に向けてカトリック信者は聖母への嘆願のためにノヴェナ(9日間の祈り)をしてきました。8月6日にはじめて、被昇天祭の前日8月14日に終わります。

このノヴェナにロザリオの十字軍全員が参加しロザリオ1連~1環の祈りのノヴェナをしていただきたいのです。可能な方は1環、しかし1連でも構いません。またできる人はノヴェナ中に1日、断食の日を設けてください。できなければかまいません。1食を抜く断食でも、1日をパンと水だけの断食でも、あるいはいつも食べているおやつを抜くだけの断食でも構いません。

ノヴェナの意向は、未曾有の国難、福島の原発事故が奇蹟的に終息すること。天の力によって、奇蹟的に終息しなければ福島の原発事故は終わらず日本のみならず世界までが巻き込まれ苦しむことになるでしょう。聖母のとりつぎにより頼み、至聖なるイエズスの聖心に嘆願いたしましょう。

ロザリオの十字軍は2人増え、46人となりました!ロザリオを毎日3環祈っているとのことです。(2015年7月31日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


徒然猫1…


この「つれづれ猫」というタイトルで、十字軍の祈りのグループについて、考えてきたこと、考え付いたことをつれづれなるままに書いてゆきます。それらを将来正式に手引き書にまとめるつもりです。たまに脱線して違うことを書いてしまうかもしれませんが…基本的には祈りのグループに関することを思いついたままに書きます。なぜなら、ある地域で数人のロザリオの軍団の登録者がいて、もうすぐにも第一号の祈りのグループができそうだからです。(ご本人たちはまだ知りません)

まず、将来十字軍の祈りのグループにぜひ入りたいと考えている方は、自己紹介のメールをJMJコミュニティ―まで書いて送ってください。今すぐということではなく、しっかり自分の気持ちが固まってからでも、近い将来でもかまいません。内容に必要なのは、

1、本名
2、住所
3、もしこちらから電話がかかってきても問題がなければ、電話番号。(あるいはケータイ番号)おそらく祈りのグループのメンバーの連絡にはどうしても必要になると思われます。
4、年齢。正確な年齢でもいいですし、20代、30代と言ったアバウトなものでもかまいません。
5、所属教会
6、洗礼名、
7、趣味(書かなくてもかまいませんが…)
8、性別等です。(こちらからは住所、電話番号は、許可なく相手の方には教えません)

この自己紹介のメールには基本的に返事は書きません。近い将来のマッチングの参考として取り入れるつもりです。
(2015年6月20日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成





 

徒然猫2…祈りのグループの男女混成


自己紹介のメールがぼちぼち来ています。
1994年から始まった聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊と祈りの軍団(祈りのグループ)を天の指示で組織した時からの経験からわかっていることが2,3あります。その一つは、

最初に祈りのグループをはじめるときは、同性同士からはじめるということです。それがベストです。それは過去の経験から確かに言えることですが、特にインターネットで全く見ず知らずの人同士がグループを作る場合は、同性同士で始める方がよいのです。具体的な説明は避けますが、言葉に集約させれば「差しさわり、誘惑、人目」などです。サタンは祈りのグループを標的にします。サタンの目的は、グループを解散させることです。よほど人数が多くなったときは考えますが、基本は同性同士で祈りのグループを作ります。異性の親子、夫婦などが祈りのグループにいる場合は、混合の祈りのグループとなるかもしれませんが、基本は同性同士の祈りのグループからはじめてゆきます。(2015年6月23日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成





徒然猫3…霊的相性


二人で始める場合に限定してのことですが、はじめはお試し期間というものを設けます。経験上わかっていることの一つに、霊的な相性というものがあります。3か月くらいのお試し期間を設け、その相手の人とはどうしても祈りのグループとしてやっていけないという場合は、私マリア・イマクラータに連絡をください。霊的相性に関して言えば、無理やがんばりは禁物です。しかし、くり返しますが、これは二人きりで十字軍の祈りのグループをはじめる場合のことです。三人以上で始める場合は、霊的相性の合わない人との間でも乗り越えてゆけますし、また、何のために集まっているのか(人々の救霊のため)を考え、カトリック信徒として、忍耐と寛容、また愛徳の実践の場として乗り越えてゆくべきです。
また、個人の事情や生活を抱える中で、定期的に集まって祈ること自体、非常な困難を伴います。この困難さ(苦しみ)と霊的相性の合わないことを混同すべきではありません。


今後、徒然猫では、祈る場所、リーダー、ロザリオの祈り方、などについて経験的に書いてゆく予定です。(2015年7月3日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


徒然猫4


「徒然猫」としてロザリオの「意向」について書きます。
ロザリオは玄義、たとえば喜びの玄義の第一玄義は―聖母マリアが大天使聖ガブリエルから、聖霊によって主を宿すことを告げられる場面ですが、それを祈る場合、先唱者(原則的に二人以上で祈る場合には、一連づつ先唱者を交代するとよいでしょう)は、「喜びの玄義、第一玄義、この一連を捧げて、聖母が御告げ(おんつげ)を受け給いたるを黙想し、その御取り次ぎ(おんとりつぎ)によりてけんそんの徳をこいねがわん」と言ってから、「天にまします」の先唱に入って行きます。喜びの玄義とつけるのは喜びの玄義の最初、つまり第一玄義だけで、第二玄義からは省いて「第二玄義、この一連を捧げて…」と唱えます。喜びの玄義に続いて第二環目、たとえば苦しみの玄義を唱える場合も、最初だけ「苦しみの玄義、第一玄義、この一連を捧げて…」と「苦しみの玄義」ということばを入れます。

そこで「意向]ですが、ロザリオの意向は玄義とは別です。「意向」は願いや神への賛美をロザリオの祈りに託すのです。たとえば、個人で祈る場合は、「喜びの玄義、第一玄義、この一連を捧げて、聖母が御告げ(おんつげ)を受け給いたるを黙想し、その御取り次ぎによりてけんそんの徳をこいねがわん」と玄義を言ってから、意向を、たとえば「この一連を、世界平和のためにお捧げします」とか[この一連を永遠の御父を讃えてお捧げします」とか、「誰れだれさんのために」とか意向をたててから唱えます。この意向はどんなことでもよいのですが、その人の救霊のためにならないことは天は叶えてくださいません。また、叶えてくださるにしても天の時というものがあります。また、一連づつではなく、一環を一つ、あるいは複数の意向で唱えることもできます。

個人ではなく、グループでロザリオを祈る場合は、普通一連づつ意向をたてるのではなく、そのグループの目的に即した意向をはじめにたてて、その意向(複数でも可)で一環、あるいは二環、あるいは三環を唱えるのです。しかし、グループでロザリオを唱える場合には、意向をたてずともそれが自明の場合があり、その場合は必ずしも意向をたててロザリオを唱える必要はないでしょう。たとえば十字軍の祈りのグループの集会では、ロザリオと御憐みのチャプレット、いくつかの十字軍の祈り、連祷を唱えますが、この場合、ロザリオは十字軍の祈りのグループの意向、すなわち人々の救霊ですから、ただロザリオを十字軍の祈りとともに祈ればよいと思います。

汚れなき御心の軍隊・軍団の場合、その祈りのプログラム(コーナーストーンの祈りのプログラム)の意向は、聖母の指示されたものでした。ですから、グループ(祈りの軍団)で祈る場合には、はじめに意向を言ってから、プログラムに入って行きます。もちろん、意向を言わずとも、そのグループが集まるのはその意向で集まるわけですから、意向は有効です。

ロザリオの十字軍の義務は「日々ロザリオ1環、御憐みのチャプレット、(MDMの)十字軍の祈りを数個」祈ることですが、このロザリオ一環の意向は、一連づつ、すなわち5連を個人的意向をたてて祈ってよいのです。とにかくロザリオ一環(以上)を祈ることが義務です。しかし、5連のうち少なくとも一連は日本の救霊のための意向、あるいは中国からの侵略から守られることの意向を入れるべきです。

意向には「聖母の意向でお捧げします」という意向もあります。
意向については、余り神経質になることはありません。意向を忘れて祈った場合も、天はそのロザリオをよいことのためにお使いになり、けっしてむだになることはありません。大事なことは、忙しい日々の生活の中で、いかにロザリオを祈る時間を確保してゆくかのやりくりの戦いです。
人間には「習慣の力」というものがあります。「祈らない習慣」も身につけば、「祈る習慣」も身につくのです。祈る習慣が身につけばしめたものです。サタンは怒り狂うでしょうが、生活は徐々に、少しづつ変わってゆきます。(2015年7月30日)


   

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


ロザリオの十字軍…規約変更


最近、ロザリオの十字軍に登録する方が徐々に増えてきました。預言が成就してゆく中で、その人数は増加してゆくものと思われます。
当然のこととこちらが考えていることが、必ずしも当然なことではなかったり、また登録に関して規約として将来明文化すべきであると考えていたことに関する事例もいくつかありましたので、今回、規約の変更として文章化することにしました。その骨子は、登録は本人が申し込むこと、すべての人が登録されるわけではないこと、住所・氏名を知らせること、です。


1、JMJコミュニティ―へのロザリオの十字軍の登録は、代理人を通さずに本人が登録すること。ただし、同一住所の家族に関しては、代表して一人が他の家族の分を登録することができます。(つまり家族でない人の代理登録はできません。)

2、将来ロザリオの十字軍の中にできる「十字軍の祈りのグループ」に参加したい、あるいは紹介してほしいと考えている方は、こちらまで正確な住所、本名を届けること。(最後まで一人で祈るつもりの方は、この届出の必要ありません。また、すでに登録が完了している方で、将来の「十字軍の祈りのグループ」への参加を希望している方も、今後なるべく早く本名と住所の届け出が必要です)

3、既存の各種のロザリオの祈りのグループで、「十字軍の祈り」「御憐みのチャプレット」を祈ればそれはすでに「十字軍の祈りのグループ」です。その各メンバ-がロザリオの十字軍に登録した場合、もし希望するなら、近くに住むロザリオの十字軍のメンバーを新メンバーとして(こちらで)紹介できます。その場合の「手引き」は別の機会に明文化する予定です。

4、また、JMJコミュニティ―との間で何らかの問題やトラブルが過去にあった方の登録はお断りすることがあります。(お申込みのメールに対して、返事のメールが行きません)なぜなら、このロザリオの十字軍は、JMJコミュニティ―およびマリア・イマクラータのミッションに単純に調和し、一致して祈る人たちのためのものだからです。そしてこの団体は、メッセージをとおして主イエズスが語っておられる、人々の救霊のために戦う「終りの時のレムナントアーミ―」の一つとなります。

5、ロザリオの十字軍の登録は今の段階では、メールでお願いします。ただし、携帯やパソコンを所有していない方が登録を希望する場合には、住所、氏名を例外なく明記するという条件で代理人によって申し込めます。(その住所にこちらから連絡がゆきます)その場合、当人から依頼されて本人に代わってメールを送る人の本名を書く必要があります。住所は必要ありません。これはメールができる人(携帯やパソコンをもっている人)の代理人登録を認めるということではありません。JMJコミュニティ―のメッセージ購読者は、ハガキや封書での登録をお願いしています。


最後に、ロザリオの十字軍に登録しようと考えている方は、カテゴリ『ロザリオの十字軍の編成』をよく読み、十分理解してから登録の申し込みのメールをお願いします。(2015年6月16日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


桜が咲いた…ロザリオの十字軍


今朝は晴れていて、デスクの隣の窓からは青空と白い雲が見えます。朝早く夜の散歩から帰って来た猫のチョコは、寝室のどこかに隠れて姿が見えません.じゃまされずにたっぷり眠るためにどこかに隠れてしまいます。

昨日グレイの狂犬病の注射に車で出かけました。村では、道のそばのあちこちに山桜が咲いていました。うちの敷地より、標高が低いのです。

帰ると、家の敷地のソメイヨシノ2本の木も3分咲きになっていました。3本の八重桜は毎年咲くタイミングが少し遅れます。桜の木の5本は無原罪の聖母像の並びに植えられています。ソメイヨシノと八重桜の間に空間が空いていたので、2,3年前に山で見つけた山桜の小さな苗を植えてあります。今年はその山桜の苗木も花が咲くかもしれません。

昨日MDMのメッセージを読んでいたら、次のように書かれてある箇所に目が留まりました。神の生ける印は奇蹟的なしるしであり、それを受けたわたしたちに「害が及ぶことはない」。「あなたたちは皆保護されるだろうが、ほかの者たちに対してあなたたちは責任がある」(2012年2月18日)言葉を変えて言えば、わたしたちが神の保護のしるしによって守られるのは、「これらの者たちによって踏みにじられる兄弟姉妹のために懸命に祈る」(同上)ためなのです。ロザリオ、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りを他の者たち、踏みにじられる兄弟姉妹のために、守られているわたしたちは懸命に祈らなければなりません。自分と家族だけではなく、全世界の罪びとたち、苦しむ兄弟姉妹たちのため祈る責任があるのです。祈りによって連結し、一致するのです。

聖母は次のように言っておられます。
「神がご自分のレムナントを見捨てることはけっしてありません。霊魂が救われ得るのは、また救われるのは、あなたたちの祈りのグループ、そして他のミッションによって私が世に語りかけたことで生まれた他のすべての祈りのグループによってなのです。」(2015年2月17日)

カトリック信者の第一の使命は霊魂を救うことです。ですからロザリオの十字軍となり、主と聖母のために働きましょう!日本には、20年前から「聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊・軍団」が祈りのグループとして活動してきましたし、現在も活動しているのです。(2015年4月16日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成

祈りのグループ3 


私たち、聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊・軍団、インターネット祈りのグループ、ロザリオの十字軍は、みな「イエズスから人類」の祈りのグループの一員です。そのどれかに属し、あるいは私たちのようにそのすべての祈りのグループに属し、主と聖母のために共に働きましょう。

あなたたちが確実にわがメッセージを広められるセンターを作るよう、私はあなたたち皆に呼びかける2012年9月3日  

「 ... 人々を回心させるためのわがミッションの成功を確かなものとするために、あらゆる種類 の成員からなるわが軍隊には、座席(tiers)が存在する ... これらの祈りのグループを「 イエズスから人類」の祈りのグループと呼び、あとは私に任せなさい。

「子供たちよ、一致して祈りなさい。
このような祈りの運動が、世界各国にできるでしょう。そして、それは全世界的な十字軍、わが汚れなき御心の十字軍として一致して救霊と、わが主イエズスの御旨のために立ち上がることとなるのです。」(1994年5月29日マリア・イマクラータへのメッセージ)

これは、現在、全世界に広がりつつある、M・ディバインマースィーの「十字軍の祈りのグループ」を預言したものです。

今は祈りのグループが立ち上がり、集まる時なのです。

獣が反キリストを登場させる時が到来すると、数々の大いなる印が見られるだろう
2013年5月21日 (MDMのメッセージ)

「わが愛しき最愛の娘よ、獣が反キリストを登場させる時が到来すると、数々の大いなる印が見られるだろう。これまで聞かれたこともないような雷が、世界中の多くの場所、特に反キリストが生まれた場所で聞かれることだろう。

その時までに、あらゆるキリスト教会のわが従者たちの上に注がれるわが聖なる霊は、彼らを確実に準備させるだろう。彼らは、このミッションから出る弟子たちと共に、レムナントチャーチを形成する。彼らの力は強力で、「生ける 神の印」と共にある者たちには害は及ばないだろう。彼らの力は、わが母によって彼らに与えられた祈りと、十字軍の祈りによってもたらされる。

反キリストは、徐々に支配してゆく。地上に一種の平和がもたらされるゆえ、だれも彼の意向を疑わないだろう。今この時は、あなたたちレムナントチャーチにとって、祈りのグループとして集まるための重要な時である。これらの祈りが、彼、反キリストが、世界の隅々まで、あらゆる国々に対して行う恐ろしい行為の多くを弱めると、私は厳かに約束する。」



ロザリオと、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りをぜひとも毎日祈りましょう。できるならばロザリオの十字軍に参加し、ロザリオ3環をめざし、祈るべきです。ロザリオ3環は聖母の御要請なのです。第三次世界大戦の衝撃を和らげ、被害を縮小し、日本と愛する人たちを護りましょう。ちなみにロザリオの十字軍は33名となりました。(2015年3月6日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


祈りのグループ2


最近(2,3日前に)翻訳され、アップされた下記のMDMのメッセージを見て、おやと思いました。2012年という年に引っかかったのでした。その年に「ロザリオの十字軍を起しなさい」とのメッセージをうけたからでした。それで日付を確かめると2012年10月2日にチャペルで受けたメッセージでした。当時は、聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊・軍団の祈りのグループの20年来の活動がありましたから、すぐにぴんとこなかったのは多少違和感があったせいかもしれません。
今ではわかりますが、天としてはインターネットを通じて子供たちにロザリオを祈るようにすすめるため、ロザリオの十字軍を起しなさいと言われたと思われます。聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊は、カトリック信者に特化されている祈りのグループです。

ロザリオの十字軍は、ロザリオ1環、御憐みのチャプレット、十字軍の祈り数個祈れれば、未信者でもプロテスタントの信者でも、この祈りのグループの1員になれます。

MDMのこのメッセージから5ケ月後に私の受けた、ロザリオの十字軍のメッセージは、自分自身と家族、日本を守るためだけなく、世界大戦の危険を避けるための祈りのグループでもあったのです!第三次世界大戦で、核がつかわれることになるヨーロッパのためにも祈らなければなりません。世界の4大強国が争う第三次世界大戦が起これば、日本が無傷ですむとは思えません。必ずや中国との戦争に巻き込まれてしまうことでしょう。事態が急変する前に、今から祈りに祈らなければなりません。中国の日本侵略に関しては、カテゴリ『マリア・イマクラータのメッセージ』の2012年10月2日のメッセージ参照。(2015年2月28日)


救いの母:この世のわがヴィジョナリーたちは、世界大戦に伴う危険を避けるために祈るよう指示を受けるでしょう
2012年5月16日  

「「生ける神の印」の賜物は、戦争や紛争の時の最大の保護となります。

この無償の賜物を受け入れることを通して父なる神に忠誠を誓うことで、あなたたちは自由でいられるのです。

祈りの力を、また祈りがそれらの出来事の衝撃をいかに和らげるかを決して忘れてはなりません。

悲しむべきことに、これらの出来事の多くが起こらなければなりません、それらは預言されてきたからです。

子供たちよ、私、あなたたちの祝されし母を敬うすべての者たちに、これが天からの呼びかけであることを理解するよう呼びかけます。

この世のわがヴィジョナリーたちは、世界大戦に伴う危険を避けるために祈るよう指示を受けるでしょう.

あなたたちは苦しみを耐え忍び、それを父なる神に捧げものとして呈さなければなりません

今の時、あなたたちがいかなるキリスト教教会に属していようとも、わが日々のロザリオは重要です。

あなたたちはロザリオを信じなければなりません、なぜなら、多くの者が毎日ロザリオを祈る国には、ロザリオが保護をもたらすからです

今の時、ヨーロッパのために祈り、祈り、祈りなさい、またわが聖子に向い、神への信頼を持ち続けるために必要な力、勇気、剛毅を願いなさい。」

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


祈りのグループ


聖母が世界中の祈りのグループについて語られました。下のメッセージの中の黄色のマーカーが付けられた文章は、日本において過去20年にわたって祈られてきた聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊・軍団、そしてロザリオの十字軍が入ります。

そしてまた、うれしいことに、4月に洗礼を受ける方から、昨夜ロザリオの十字軍の予約が入りました!(2015年2月26日)

「勇気を出しなさい、わが親愛なる子供たちよ、すべてはわが聖子の御手の中にあるのです、わが聖子はあなたたちの中の最も心の頑(かたく)なな者をも含めてすべての者を求めておられるのです。あなたたちへの私の愛は変わりません、私はあなたたちが聖書、またこれらのメッセージによって与えられた恵みを、霊魂の救いのために使ってほしいと願っています。

神が御自分のレムナントを見捨てることは決してありません、霊魂が救われ得るのは、また救われるのは、あなたたちの祈りのグループ、そして他のミッションによって私が世に語りかけたことで生まれた他のすべての祈りのグループによってなのです。

霊的試練のあいだ、互いに励まし合いなさい、神はあなたたちを一歩いっぽ導いてくださいます。私、救いの母は、あなたたちの保護者であり続け、あなたたちが私に願うこと一つ一つに応えるでしょう。私は、わが聖子がその地上の王国を取り戻されるその日まで、あなたたちの傍(かたわ)らにいます。

私の呼び掛けに、またわが聖子の呼びかけに、信仰、希望、そして信頼を持って応えてくれたことに感謝いたします。

あなたたちの最愛の母
救いの母」(MDMのメッセージー2015年2月17日)


カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


ロザリオの十字軍


ロザリオの十字軍への参加に関して、一昨日とてもうれしいメールが届きました。

ここに4人の大人と子供二人の戦士
参加します。(ママ)

上記の一文がそのメールの中にありました。一度に6人の申込みもすごいことですが、その中に子供が二人いるというところが、すごいです。子供には、何か天よりの特別な保護があるのです。聖書に、幼子たちの守護の天使は、御父の顔を仰いでいる、と主イエズス・キリストがおっしゃっていました。(この部分は記憶なので、細部はちがう表現かもしれませんが…)

ロザリオの十字軍への参加人数は今日現在で30名になりました。聖母のローキュションで、次のようなものがありました。(カテゴリの『マリア・イマクラータのメッセージ』に収録)


2014年10月19日朝5時起床時に  聖母 :イマクラータ、心配することはありません。必ず、あなたの入り口は多くの人々で埋め尽くされます。(聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊軍団、インターネット祈りのグループがそれぞれ数十人いるのに比べ、ロザリオの十字軍は数人であるので、とても気がかりだった。それで聖母がそういわれたのだろう。聖母はとても優しいお方です。)


2014年11月7日聖母:主は救いたい人々を配置される。(このローキュションの少し前に、ヴィジョンで日本のあちこちに配置されている人々を見た。ロザリオの十字軍のことではないか、と思われる。)

世界と日本を守るため、自分自身と愛する家族の霊魂のためロザリオの十字軍となって、世界の祈りのグループと共に、ロザリオ、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りを毎日唱えましょう!必ずや聖母が私たちを護ってくださいます。これらの祈りは、私たちの命綱なのです!!!(2015年2月25日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


ファチマの聖母

選挙後の感想…ロザリオの祈りの軍隊

衆議院選挙が終わり,予想されていたように自民党が勝ちました。みんな致し方なく自民に入れたのかな、と思います。いれる政党がない。日本政府も自民も民主も、結局主イエズス・キリストのいわれるようにグローバルパワーの支配下にあり、金持ちはより金持ちに。貧乏人はより貧乏に、という政策が続き、そして、火山と断層の国日本が原発列島となり、多くの人が病気になり苦しんで死んでいくのだろうか。こうした日本の暗澹たる未来を想像するとより一層ゆ―うつになります。

しかしながら私たちには、カトリックの信仰があります。暁(あかつき)の星、汚れなき聖母とともにロザリオで歩んでいけます。「ロザリオの十字軍」と「聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊」との祈りによって未来が変わるかもしれません。変わるはずです。富士山の上に白い十字架が燦然と輝き、日本の旗に十字架が入れば、日本の未来は変わります。中国の軍隊に日本が蹂躙されることはありません。
20年近く活動してきた聖母の汚れなき御心の軍隊が「防波堤」(聖母のおことば)となり、日本のために祈ってきました。そしてロザリオの十字軍とともに、今後も祈り続けるからです。ロザリオの十字軍は、現在16名になりました。ゆっくりと増えています。以前「コーナー・ストーン」という名の祈りの集会を関東で20年近く毎月1回もちました。はじめは一人、二人の参加者でした。聖母が「私が一人一人呼んできます」とおっしゃったように、最後に、北へ私たちが移動する直前には2,30人の参加者となりました。年に一度の黙想会には、日本中から毎回4,50名の参加者が東京に集まりました。ロザリオの十字軍についても、「必ず、あなたの入り口は多くの人々で埋め尽くされます。」と聖母が言われました。
地上で悪がどのように暴れても、私たちには汚れなき聖母が共におられます。いつか、ロザリオを祈り続けてきてよかったという日が必ず来ます。最後まで、主と聖母のために働きましょう。

*画像はグーグル画像集より。「暁の聖母」の画像を探したのですが、見つかりませんでした。私のデスクの前の壁には、日本を見守る「暁の聖母」の絵が飾られています。富士山の上に御子を抱かれた聖母がおられる図柄なのです。

(2014年12月19日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍

ロザリオの十字軍の参加について

ロザリオの十字軍は、日々ロザリオ1環、御憐みのチャプレット、(MDMの)十字軍の祈りを数個祈ります。約一時間でこれらの祈りを全て祈れますが、一時間が取れないときは、暇を見て(電車の中でも)1連づつ祈り、結果的一環とし、その他の祈りも1日のうちに祈れればよいのです。そして一時間を確保できる日には、その一時間に規定の祈りを祈るのです。聖母はかつて1連と共に歩みなさいと仰せられました。十字軍の祈りは、天はそのすべてを、周期的に祈るよう願っておられます。ある人は二週間で一回祈れるでしょう、またある人は二か月で一回かもしれません。また、十字軍の祈りには毎日祈るものがいくつかあります。
主イエズス・キリストは次のように仰せられています。

このような試練の衝撃がやわらげられ、ある場合にはなくなるように、少なくとも一日一時間、祈りに充てなさい」(2014年9月11日 マリア・ディバインマースィーへの主のメッセージ)

近い将来、日本に襲い掛かる国難からのがれることができるよう、また世界に襲い掛かる戦争の惨禍から世界の子供たちが守られるよう私たちはぜひ祈らなければなりません。毎日1時間祈ることでこれらの恐ろしい出来事がやわらげられ、ある場合にはなくなるのです。
主と聖母の御言葉にしたがって祈る私たちロザリオの十字軍の祈りは、カトリックの信仰の真髄であります。(2014年9月22日)

このサイトに関係するメールは下記まで。
jmj.c@kra.biglobe.ne.jp


カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成

日本のロザリオの十字軍は、世界の祈りの十字軍と一致

昨日、次の様に書きました。

「今回募集する祈りの軍隊(ロザリオの十字軍)は、日々ロザリオ(1環~3環)、御憐みのチャプレット、十字軍の祈り数個を祈ります。最初は、1週間に1度、ロザリオ1環からはじめてかまいません。慣れてきたら毎日祈れるようにします。
「ロザリオの十字軍」に参加したい人は、まず、天に「自分を祈りの軍隊として奉献します」と祈り、自分を軍隊として天に登録します。そして、日本と自分自身、家族を守るため、毎日のロザリオ、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りを数個祈ります。寛大で、祈る力がある方が、さらに聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊の「祈りのプログラム」を日曜日に祈ろうと決心されることを、わたしたちは歓迎します」

中国軍の侵略という国難は、メッセージの預言だけではなく、もはや現実的な政治的状況となっていることに異をを唱える日本人はいないでしょう。今、日本人は目覚めて立ち上がるべき時なのです。天の介入がなければ日本人は虐殺されます。「ロザリオの十字軍」がいま日本で起こされなければならない所以です。

このロザリオの十字軍は、預言通り、世界の祈りの十字軍と一致しています。日本のロザリオの十字軍は、日本のためにも、世界のためにも、天の御旨のために戦うことになるのです。以下に、日本のロザリオの十字軍が、世界の祈りの十字軍といかに一致するかを、祈りの内容から示します。

日本のロザリオの十字軍
 は、ロザリオ(一環から三環)、御憐みのチャプレット十字軍の祈りを個人で
 祈ります。

・マリア・ディバインマースィーの「十字軍の祈りのグループ」のガイドラインによると、その集会では、最低一環のロザリオ御憐みのチャプレット、いくつかの十字軍の祈りを祈り、それに加えることのすべての連祷、十字軍の祈り、No.1、30,33,102が毎回唱えられます。そして、前回の集会以後の最新のメッセージが読まれます。ロザリオの最後に「サルべレジナ」を唱えます。(歌ってもよい)

インターネット祈りのグループ
 のメンバーは、上記のロザリオの十字軍の祈りに、イエズスの意向で祈る(これはその意向でロザリオの一連で祈っても、一環で祈ってもよいでしょう)そしてイエズスとマリアの二つのみ心に奉献する祈りを加えます。それを毎日祈ります。ロザリオの義務はありませんが、当然祈るものとして黄色を塗りました。

ロザリオの十字軍」で祈る祈りに黄色のマーカーをつけました。これを見るとロザリオの十字軍は、インターネットの祈りのグループのメンバーにもなれることが分かります。逆に、インターネットの祈りのグループのメンバーもロザリオを一環加え、「ロザリオの十字軍」として天に登録すればそままでロザリオの十字軍にもなれます。

ロザリオの十字軍として個人で祈り続け、時が到来し、近所にMDMのメッセージを信じる人が現れたなら、ロザリオの十字軍の祈りに少し他の祈りを足せば、二人以上で祈る「十字軍の祈りのグループ」が結成され得ます。

ロザリオの十字軍は天に登録するもので、こちらに登録する必要はありませんが、メールで知らせてくだされば、将来「十字軍の祈りのグループ」を作る際の情報を提供できるかもしれません。「県名と町名」「名前(’イチゴ’などのハンドルネームでも可)」をメールでお送りください。(2014年9月17日)



カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成

ロザリオの十字軍の編成

今回聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊について書いたのは、一つには主イエズスが「ロザリオの十字軍」を編成しなさいとおおせられたからです。また、近い将来に国難―戦争が迫っているからです。

''主イエズス:そうだ。中国軍は攻めてくるのだ。十字架が旗に入らなければ、6割の日本人は虐殺される。
ロザリオの十字軍を起こしなさい。もっと、もっと祈るのだ。
聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて''。アーメン。(2012年10月2日)

今回募集する祈りの軍隊(ロザリオの十字軍)は、日々ロザリオ(1環~3環)、御憐みのチャプレット、十字軍の祈り数個を祈ります。最初は、1週間に1度、ロザリオ1環からはじめてかまいません。慣れてきたら毎日祈れるようにします。
「ロザリオの十字軍」に参加したい人は、まず、天に「自分を祈りの軍隊として奉献します」と祈り、自分を軍隊として天に登録します。そして、日本と自分自身、家族を守るため、毎日のロザリオ、御憐みのチャプレット、十字軍の祈りを数個祈ります。寛大で、祈る力がある方が、さらに聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊の「祈りのプログラム」を日曜日に祈ろうと決心されることを、わたしたちは歓迎します。

「イマクラータ、日々祈りなさい。絶え間なく祈りなさい。祈りだけがあなたたちの拠り所なるときが来ようとしているのです。
そうです、祈りの軍隊は、わが汚れなき御心の十字軍とも呼ばれるでしょう。わがジャンヌよ、心配せずに歩みなさい。母の導くままにしていなさい。聖父と聖子と聖霊の御名によりて、あなたたちと、コーナー・ストーン、そしてこの祈りの軍隊のミッションを祝福します。アーメン」(1994年5月22日)


「子供たちよ、一致して祈りなさい。
このような祈りの運動が、世界各国にできるでしょう。そして、それは全世界的な十字軍、わが汚れなき御心の十字軍として一致して救霊と、わが主イエズスの御旨のために立ち上がることとなるのです。」(1994年5月29日マリア・イマクラータへのメッセージ)

これは、現在、全世界に広がりつつある、M・ディバインマースィーの「十字軍の祈りのグループ」を預言したものです。

私が受けた聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊についての世界の幻視者の確認のメッセージがあります。
米国のT

聖母:わが息子よ、私はあなたの姉妹に、この祈りの一団を組織することを命じました。再び、私は、さらに多くの者たちが、天の御父におささげするさらなる祈りと犠牲の求めに応じてくれるよう励ましております。わが愛によって、そしてわが汚れなき御心より、私は日本が今歩んでいるその道を変えることができるでしょう。
あらゆる国において私は、同様の介入を果たすことができるのです。
私の嘆願に応えてください。私の子どもたちよ、あなた方で決めることです。そして、もしあなた方が愛のうちに応えるなら、あなた方は、自分自身のためにも、他の多くの者たちのためにも多くを成し遂げることになるのです。

ポーランドのL

聖母:そうです。わが愛する子よ、この5月3日のメッセージは天からのものです。わが甘美なる娘に伝えなさい。「祈りの軍隊」をつくることは私の望みであると。
愛しい娘よ、わが愛のマントはあなたと共にあり,あなたをみちびくことは私の望みです。将来の大いなる業のために、わが神聖なる息子によって選ばれたあなたの国、日本のために祈りなさい。勇気をもってこの道をゆきなさい、わが娘よ、そして、私があなたをとても愛しているということを知りなさい。
わが愛する娘よ、あなたはミッションを受けました。勇敢でありなさい。私はあなた、わが子と、わが国日本を祝福します。聖父と聖子と聖霊の御名によりて。アーメン

米国のFの書簡
親愛なるイマクラータ、これは、あなたのすばらしい、貴いメッセージの確認です。この軍隊は、必ずや世界を、日本を助けることになるでしょう。

中国の侵略の被害を最小にできるかどうか、また第三次世界戦争の惨禍からできるだけまぬがれることについては、ロザリオの十字軍に多くの人が参加して祈るかどうかにかかっているのです。明日は祈りのグループについての概説を書く予定です。
これは時が迫っているので、緊急の呼びかけです。(2014年9月16日)

カテゴリ→ロザリオの十字軍の編成


聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊と軍団

日本の最上位の保護者の名前「聖母の汚れなき御心」をいただいた祈りの軍隊は、20年前に、聖母マリアの指示によってはじまりました。祈り(ロザリオを含む祈りのプログラム(*1)によって日本を守るため、日本の防波堤となるためです。
JMJコミュニティの関係者の間でその祈りの軍隊は広まり、個々人が天に奉献して祈りの軍隊の1員となり、その祈りの軍隊が2人以上集まって祈れば、聖母の汚れなき御心の祈りの軍団となりました。祈りの軍団は私マリア・イマクラータに登録します。ほとんどの祈りの軍隊、軍団は、約1年前からマリア・デバインマースィのインターネット祈りのグループに登録して、その一員でもあります。その時点から、世界的なロザリオの十字軍の1員としての活動も始まりました。このことは、20年前から聖母によって預言されておりました。明日そのメッセージの抜粋を載せます。
また日本の他の幻視者に、祈りの集会(「コーナー・ストーン」と称し、東京近辺に住む祈りの軍隊、祈りの軍団が月一回集まって祈りの集会をもった)で掲げる旗のデザインも主イエズスから与えられました。富士山の上に輝く白い十字架とそれを礼拝する2位の天使の図柄です。祈りの集会は、私が北へ移るまで関東で、20年近くの間、月1回行われていたのでした。(そのほかの毎日曜日には、個々の祈りの軍団で祈りの集会が持たれていました。)
現在は、ごく初期の聖母のご指示のごとく、日曜日午後3時(*2)に、マリア・イマクラータに霊的に一致して祈りのプログラムを祈る祈りの軍隊と、週何回か集まって祈る祈りの軍団が、約20年来活動を続けています。時間や回数は個々の事情で弾力的に運営されてきました。
数人の、当時世界的に活動していた幻視者から、聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊に関する確認のメッセージをもらいました。その中の一つ、シンガポールのW・Rのメッセージを載せます。

主イエズス・キリスト:東京(*3)の子どもたちは、日本の幻視者と共に、祈りのうちに一致しなければならない。すでに始まった霊戦のための「ロザリオの十字軍」は発展することだろう。聖なる母の取り次ぎによってのみ、日本の子どもたち、および世界中の子どもたちは、すべての邪悪なる力を一掃するその戦いに勝利を収めることができるのだ。そして再び、神がアダムとイヴのために最初に『パラダイスの王国』をつくった時のように、真の平和と愛のみが世界に満ちるのだ」(1994年5月21日)

このメッセージはあたかもマリア・デバインマースィのメッセージの要約のようです。もちろん同じ主イエズス・キリストのメッセージゆえ、当然のことなのですが…。

*1 カテゴリの「祈り」の下の方へロールすると2013年5月27日に聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊についての説明、2013年5月29日に『祈りのプログラム』、2013年6月3日に祈りの意向についての記事があります。
*2 午後3時が都合が悪い人は他の時間でも他の曜日でもかまいません。
*3 幻視者として1992年に天から立てられた当時、私は東京のための幻視者として活動を始めました。1994年に日本と世界の幻視者間で分裂が起こった後、日本の幻視者として立ちました。明日はロザリオの十字軍の募集・編成について書きます。(2014年9月15日)

a:2209 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM