便利印刷

聖母の汚れなき御心の祈りの軍隊の「祈りのプログラム」を下記に紹介します。祈りのプログラムは、
最初に意向を唱えます。

意向

・まことの神を知らない人びとが、まことの神に立ち返ることができますように。
・(名誉)教皇べネデクト16世(*)が、そのすべてのミッションをなしとげられますように。
・日本が国を上げて回心し、戦争の惨禍にできるだけまきこまれませんように。(聖母の許可のもとに後にこの意向が追加された)
*天は、べネデクト16世を名誉教皇ではなく、教皇といまなお呼んでおられ、終末のとき、ローマから逃げられた後信徒を導くミッションがあるといわれています。私たちは二十年近く2番目の意向は、「教皇様がすべてのミッションをなしとげられますように」と祈ってきましたが、状況の変化に伴いこのようにして祈ります。
(2013年6月3日)
1、聖ヨゼフに御保護を願う祈り
2、御憐みのチャプレット
3、謙遜の連祷
4、愛の焔のチャプレット
5、ロザリオ1環~3環

;

聖ヨゼフの御保護を願う祈り

童貞マリアの貞潔なる淨配よ、御助(おんたす)けを求め、あえて御取(おんと)り次ぎを願える者、一人として救いの手を差し延べられざること、いにしえより今にいたるまで、世に聞こえざるを思い給え。御身(おんみ)の力に全き信頼をおきて馳(は)せ来たり、御保護(ごほご)をこいねがわん。贖(あがな)い主の父よ、わが願いを軽んじ給わず、寛大さをもって、これを聞きたまえ、これを聞き入れ給え。

御(おん)あわれみのチャプレット

ー(ロザリオで一環分)、主祷文、天使祝詞、使徒信経を、まづ三つの小珠で唱える。
・大珠で
永遠の御父(おんちち)よ、全世界とわれらの罪の贖いとして、御身の最愛の御子(おんこ)、われらの主にして救い主、イエズス・キリストの貴き御体(おんからだ)と御血(おんち)、御霊魂(ごれいこん)と御神性(ごしんせい)を、御身に捧げ奉る。
・小珠で
イエズスの、もっとも苦しい御受難(ごじゅなん)によって、われらと全世界を憐み給え。(10回)
・5連を祈ったあと最後に加える
聖なる天主、全能の聖なる天主、永遠の聖なる天主よ、われらと全世界を憐み給え。(三回)

謙遜の連祷

おお、イエズス!柔和かつ謙遜なる御心(みこころ)よ、御耳(おんみみ)を傾け給え。
尊敬されることへの望みから、▲私を解放し給え、イエズスよ
愛されることへの望みから、 (▲同上
称賛されることへの望みから、(▲同上
名誉を得ることへの望みから、(▲同上
ほめられることへの望みから、(▲同上
昇進することへの望みから、(▲同上
顧慮(こりょ)されることへの望みから、(▲同上
賛成されることへの望みから、(▲同上

辱(恥ずかし)められることへの怖れから、(▲同上
蔑(さげす)まれることへの怖れから、(▲同上

咎(とが)められることへの怖れから、(▲同上

謗(そし)られることへの怖れから、(▲同上

忘れられることへの怖れから、(▲同上

侮(あなど)られることへの怖れから、(同上

虐待されることへの怖れから、(▲同上

疑われることへの怖れから、(▲同上

私より他(た)の人々が愛されることを、
私より他の人々が尊ばれることを、
私は世の評価が下げられ、他の人々があげられることを、
私は放置され、他の人々が選ばれることを、
私は注目されず、他の人々が称賛されることを、
すべてにおいて私より他の人々が好まれることを、
私が分相応に聖となる限り、他の人々が私より聖となることを、

▲イエズス、私にそれを望む聖寵を与え給え

*コーナー・ストーンの祈りのプログラムはロザリオ一環から始められます。最初は全プログラムが祈れなくともかまいません。徐々にすべての祈り文を祈れるように努力します。また日曜日の午後三時が都合が悪ければほかの曜日、ほかの時間に祈ることもできます。明日は、愛の焔のチャプレットと二十六聖人のチャプレットを紹介します。(2013年5月28日)


祈り文の紹介2

愛の焔のチャプレット
ーふつうのロザリオで一環唱える。(公教会認可)
始めに主の五つの御傷を崇敬して、五回十字を切る。

・大珠で
「悲しみに満ちたマリアの汚れなき御心よ、御身に避難所を求め奉る、われらのために祈り給え」
・小珠で
「聖母よ、汚れなき御心の愛の焔によって、われらを救い給え」
を十回繰り返す。それを5セットし、そして、最後に「栄唱」を三回唱え、
「神の御母よ、愛の焔より出づる恵みをもって、全人類を浸し給え、今も臨終の時も。アーメン」で終わる。

ロザリオ一環
月曜・木曜―「喜びの玄義」 火曜・金曜―「苦しみの玄義」 水曜・土曜・日曜―「栄えの玄義」

二十六聖人のコンタツ(任意)

このチヤプレットは、聖母がマリア・イマクラータとそのミッションを守るために子供たちに願われたものです。ロザリオの二連分のチャプレットが必要なので、手に入らない場合はロザリオの二連分で祈ります。

十字架で―

 信徳唱―真理の源なる天主、主は誤りなき御者(おんもの)にましますゆえに、われは主が公教会に垂れて、われらに諭(さと)し給える教え、ことごとく信じ奉る。

 望徳唱―恵みの源なる天主、主は約束を違(たが)えざる御者にましますがゆえに、救世主イエズス・キリストの御功徳(おんくどく)によりて、その御約束(おんやくそく)のごとく、われに終りなき命と、これをうべき聖寵とを、必ず与え給わんことを望み奉る。

 愛徳唱―愛の源なる天主、主は限りなく愛すべき御者にましますがゆえに、われ、心を尽くし力を尽くして、深く主を愛し奉る。また主を愛するがために、人をもわが身のごとく愛せんことを務(つと)め奉る。

・大珠で
永遠の御父よ、わが罪の償いと教会の意向のため、イエズス・キリストの貴き御血(おんち)を捧げ奉る。
・小珠で(10回)
聖母マリアの柔和なる御心(みこころ)よ、わが救いとならせ給え。わがイエズスよ、憐み給え。

*最期に世界中の十字軍の祈りに一致するために下記の「十字軍の祈り」(他の十字軍の祈りでもよい。また十字軍の祈りの数も3つ以上でも良い))を付け加えます。すべての祈りができるようになってからでかまいません。またロザリオ一環と「十字軍の祈り」だけしか祈れなくともよいのです。

十字軍の祈り33番

「おお、わが神、わが愛する神よ
われ、愛と感謝のうちに、御身(おんみ)の聖なる「保護の印」を受け奉らん

御身の御神性は、わが身体と霊魂を永久(とこしえ)に覆えり。

われ、伏して感謝し奉り,御身、わが最愛の御父に、わが深甚なる愛と忠誠を奉げん

われ、この妙(たえ)なる印によりて、われとわが愛する者たちの保護を請い願わん

またわれ、わが命を懸けて、永久(とこしえ)に御身に仕えん。

われ御身を愛し奉る、わが愛する父よ。

いまこの時、われ御身、愛する御父を慰めん

世の償(つぐの)いと、御身の子供らの救いのため、われ、御身の最愛の御子(おんこ)の、御体(おんからだ)、御血(おんち)、御霊魂(ごれいこん)、御神性(ごしんせい)を御身に奉げ奉る。アーメン。」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)


十字軍の祈り第71番―「迫害よりわれらを護るための祈り」

「おお、イエズス、神の子らを反キリストより護り給え。
地球を支配せんとする計画よりわれらを護り給え。
主よ、われらを迫害より護り給え。
御身の目に、闇のなかにいる者たちが贖われ得るよう、反キリストより彼らを護り給え。
われらの弱きを助け給え。
立ち上がり、互いに鼓舞し、楽園の門を目指す御身の軍隊として進軍すべく、われらを霊において強め給え。
われ御身を必要とす、愛するイエズスよ。
われ御身を愛し奉る、愛するイエズスよ。
われ、御身の地上での現存を讃え奉る。
われ闇を追い払わん。
われ御身を崇(あが)め、われがいついかなる時も、御身の御憐みに信頼せんがため、御身がわれに御身の現存の真(まこと)をわれに明かすことを可能ならしむるよう、われ身体(からだ)と心においてわれ自身を明け渡さん。アーメン。」」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)


十字軍の祈り87番

「おお父よ、御子(おんこ)のために、共産主義よりわれらを救い給え。
われらを専制政治より救い給え。
不信仰よりわれらの国を護り給え。
われらの子供を害より護り給え。
われらが神の光を見るのを助け給え。
御子の教えに、われらの心を開かせ給え。
すべての教会が、神の言葉に真実であり続けるべく助け給え。
われらの国が迫害より護られんことを、われ御身に請い願い奉る。
われらいかばかり御身に背きしも、親愛なる主よ、われらを御憐みもて見そなわし給え。
人の子イエズスよ、御身の貴き御血もてわれらを包み給え。
邪悪なるものの罠よりわれらを救い給え。
愛する神よ、今この時、悪が世界を変えることに干渉し、阻止するよう御身に嘆願し奉る。アーメン」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)
(2013年5月29日)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM