神にのみ嘉(よみ)せられるように生きなさい

神にのみ嘉(よみ)せられるように生きなさい
1996年2月2日(火) 8:05am
 

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

人間的に考えてはなりません。

わが子よ、わが子供たちよ、神の叡智ははかり知れないのです。

後の者が先になり、先の者が後になるのです。

あなたたちの死と誕生とをその手に握っておられる方に、全てをまかせて歩みなさい。

人間の眼にどんなに貴く見えても、神の眼にそうでなくては、全ては無駄です。

神にのみ嘉(よみ)せられるように生きなさい。

その入り口は、子供たちよ、祈りです。

祈りの生活なのです。

子供たちよ、気ままに祈るのではなく、プログラムを立てなさい。

週一回、あるいは週一回以上集まって祈ることができるように、あなったちの生活を整えていきなさい。

祈りのグループを作ること、そしてこれを維持し続けてゆくことは、あなたたちにとって、非常に重要なことです。




































a:215 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM