祈りの家は、この母が現存する聖なる所です。

1994年10月12日
   6:35AM
    

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

祈りの家は、この母が現存する聖なる所です。

その現存の印を、母は与えるでしょう。

忍耐しなさい、全ての恵みには犠牲がつきものだからです。

イマクラータよ、この母と共に歩むあなたは何ものをも恐れてはなりません。

恐怖に打ち勝ちなさい、わがジャンヌよ。

では質問を聞きましょう。

Q:一般に、ルルドの水とか、癒しの油とかは、本人が信じていなくとも、周りの人が信じて願っていれば治るのですか。

A:イマクラータ、一般的に言えば、最少限度、その本人が癒しを望んでいなければ、信仰がなければなりません。癒しとは、信仰の賜だからです。少ないですが例外はあります。幼い子供の癒しなど、その母親の信仰によって癒されるときがあるからです。

祈りの家のことは心配せずに進めなさい。

ロザリオの玄義を黙想しなさい。

イマクラータよ、聖書も毎日読みなさい。(後略)

(2017年3月18日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年10月
























a:3 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM