このプログラムがひろがっていくよう祈り続けなさい。

1994年10月23日
 「コーナーストーン」  3:00PM
    

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。イマクラータ、闇は深まり、あなたたちの上に降りかかる試練は厳しくなるでしょうが、子供たちよ、この母に信頼しなさい。

小さい子の様に信頼しなさい。

神は変わらないのです。

聖人伝を読みなさい、聖書を読んで御覧なさい、わが子供たちよ。

あなたたちは、日々の指針をそこに見出すことでしょう。

あなたたちは完徳を目指さなければならないからです。

それは、キリスト信者としての第一の使命であるのです。

あなたたちが聖なるものを目指すとき、必然的に、あなたたちの言葉と振る舞いが決まってくることでしょう。

祈りなさい、子供たちよ。

ロザリオを、意向をもって一連ずつ、この母に祈りなさい。

そうすれば、迷うことはないからです。

この約束を、子供たちよ、常に忘れないでください。

あなたたちは、そのうち、今よりもはるかに大きな混乱さえも経験するからです。

なぜなら、反キリストの到来が間近だからです。

聖霊に強められるためにも、子供たちよ、たびたび告解に行きなさい、良く準備して。

あなたたち光の子供たちは、どんな教会においても、小さな防波堤とならなければならないからです。

柔和謙遜でありなさい。

なぜなら、あなたたちは常に受け入れられるとは限らないからです。

しかし、あなたたちはロザリオという武器において、その祈りにおいて、一致できるはずです。

イマクラータよ、この祈りの軍隊、聖なる祈りのグループが日本中にできるよう、このプログラムがひろがっていくよう祈り続けなさい。

この母の汚れなき御心の中において、それは絆を持つ軍隊となるでしょう。(後略)





(2017年3月22日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年10月




























a:216 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM