まことに今は霊的識別なくしては、何も分からなくなるでしょう

1994年11月8日
ミサの後、小聖堂にて  2:00pm

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたとCを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

私は、無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータよ、苦しみは、あなたたちを浄めるのです。

何も恐れずにいなさい。

神はすべてをご存知なのです。

常に心を平安にして祈りなさい。

祈りによって、あなた方は力を得るのですから。

信頼して歩みなさい。

わが子どもたちよ、イマクラータよ、強くありなさい。

母が常に共にいることを忘れないように。

では質問を聞きましょう。

Q:(ある落ちた幻視者のメッセージについて)(幻視者名)の落ちた後のメッセージで天が印を与えたとありますが、これはどういうことでしょう。

A:(幻視者名)自身が知っていることですが、すでにこの印は天からのものではありません。

イマクラータ、まことに今は霊的識別なくしては、何も分からなくなるでしょう。祈る者だけが、謙遜に祈る者のみが、これが可能なのです。

神の前での謙遜ということを、すべての者が黙想すべきです。

では、私と聖ヨゼフが、あなたとCを強めるために祝福します。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

(2019年6月26日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年11月























a:4 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM