信仰の恵みは、御父からおくられる特別な恵みです

1994年12月25日
  
コーナーストーンの祈りの集会にて  3:00pm

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

私はあなたとC、そしてここにいる子どもたちを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。私は、無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータよ、そしてわが子どもたちよ、今日はわが主の降誕の祝日、偉大な神秘があなたたちの間に明かされた大祝日です。

人となられた神、このような神秘をだれが信じることができましょう。

そうです、信仰の恵みは、御父からおくられる特別な恵みです。

御父が許さなければ、だれもこの神秘の実現を信じることはできないのです。

信仰とはまったくの恵みだからです。

この聖なる日、あなたたちは愛し合い、一致し合い、許し合い、祈り合わねばなりません。

一致というものがいかに大切であるか。

イマクラータよ、少数の子どもたちの一致、その一致が少しずつ広がっていくように祈りなさい。

いつか大きな一致となれるように。

わが愛する子どもたちよ、ロザリオを祈る子どもたちは、本当に私の愛する子どもたちです。

祈りがどんなに偉大な恵みであり、力であることか…いつかあなたたちはそれをもっと悟ることができるでしょう。

祈りなさい、わが子どもたちよ、聖なる者を目指し、幼子のように私に導かれるままにしていなさい。

(質疑応答がなされる)

(後略)
(2019年8月9日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年12月























a:151 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM