もし、あなたが先を知れば、恐怖と動揺で負けてしまうからです

1994年12月29日
  
  7:30am

聖母:聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

私は、無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータよ、書き記しなさい。

そうです、あなたの歩むこの道は一歩いっぽでしか進めません。

もし、あなたが先を知れば、恐怖と動揺で負けてしまうからです

イマクラータ、わが子よ、それでもあなたは多くのことを知り、それを理解することでしょう。

すべては救霊のためであり、天の計画であるのですから、この母に信頼して歩みなさい。

では、質問を聞きましょう。

Q:12月28日に(幻視者名)が受けたメッセージについて。これは天からのものですか。

A:(しばらく、お答がありません)わが息子/娘(※1)(幻視者名)が受けたものは天からのものではありません。

Q:印(※2)は天からのものですか。

A:印は天からのものです。

Q:(その時その幻視者が見た)「愛、平和、一致」のヴィジョンは天からのものですか。

A:(お答がしばらくありません)天からのものです、イマクラータ。わが息子/娘、(幻視者名)に伝えなさい。今のままではなりませんと。生活と霊的生活を立て直しなさい、わが子よ。

(後略)

※1:個人の特定されることを避けるためにこのように表記した。
※2:幻視者に出現がある場合、それは常に天の出現とサタンの出現の二つの可能性がある。サタンも聖母や天使の姿をして出現するということである。その出現が天のものであると幻視者に保証するために、天は、天とその幻視者しか知らないある印を出現の時に幻視者にヴィジョンとして見せる。幻視者はその印を示されることで、それが天の出現であることを確信できる。

(2019年8月15日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年12月























a:180 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM