堕胎の罪に対して、永遠の御父は罰をお送りになっておられます

1994年月4月5日
6:20am

聖母:人々に伝えなさい。

イマクラータ、私は、聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて、あなたを祝福します。アーメン。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータよ、人々に伝えなさい。

この世は闇で覆われています。

あなたたちがそれを許してしまったからです。

あなたたち一人ひとりが、心において、その魂において戦わなければ、これは変わらないのです。

私が言いたいのは、堕胎の罪についてなのです。

生命とは、永遠の御父から、一人ひとりに与えられたものであり、他の人間がそれを奪う権利などありません。

エイズが同性愛による罪によって引き起こされている罰、病気であるように、堕胎の罪に対して、永遠の御父は罰をお送りになっておられます。

あなたたちは気づいてはいません。

少しずつですが、多くの者たちがこの罪のために取り去られ始めているのです。

劇症肝炎という病もその一つです。

また、ウィルス性の肝炎もそうなのです。

あなたたちは理解しなければなりません。

私たちが、この罪によってどれほど傷つき、悲しんでいるかを。

堕胎の罪を止めるために、あらゆることをしなさい。

私が望むのは、祈りです。

あなたたちが一致して、このことのためにロザリオを祈ってください。

日本は世界においても、この罪が数多く犯されている国です。

永遠の御父は怒っておられます。

あなたの国に数多くの不思議な病があるのは、このせいであるのです。

このことは永遠の御父が許されているのです。

人はどんな権利も―ある人の生命を奪う権利など持っておりません。

生まれてこない子供たち、闇へ葬られる小さな子供たちのために祈りなさい。

イマクラータよ、祈ってください。

毎日、一連でもよいから、このことのためにロザリオを母に捧げてください。

また、人々に告げてください。

堕胎を防ぐために、あらゆることをしてください、と。

母は帰ります。(後略)

(2018年8月13日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年4月
























a:44 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM