東京の人々は立ち上がらなければなりません

1994年月4月6日
市川  6:20am

聖ミカエル:いざ聞け、わが命令を !

聖母は悲しんでおられる。
イマクラータ、われは汝を祝福する。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。
われは天軍の総帥、大天使聖ミカエル。聖母が来られる、準備せよ。

聖母:イマクラータ、私は、聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて、あなたを祝福します。アーメン。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、書き記しなさい。

今日、私は、あなたに、人々に告げてほしいことがあり、参りました。

私、天の元后聖マリアは、厳かに言います。

あなたは、立ち上がらなければなりません。

イマクラータ、東京の人々は立ち上がらなければなりません

キリストを擁護するために。

ご聖体に、まことにましまし給う、イエズス・キリストを護るために。

もはや、黙っている時ではありません。

あなたたちの意志、思いを表明しなさい。

あなたたちの思いが正当でることを司祭に告げなさい。

恐れてはなりません。

そのときが来たら、(あなたたちを通して)聖霊が話すとイエズスがおっしゃったではないですか。

イマクラータ:(聖母が、聖書のある所を指しているのだとわかりました)

聖母:イマクラータ、必要なとき、人々の前に引きだされたとき、ご聖体を擁護しなさい。

その白いホスチアの中には、まことにわれらの主がましますことを。

わが主は、あなたたちすべてのために十字架に掛けられ、苦しみのうちに亡くなられたのです。

この偉大な神秘が秘められているミサが変えられようとしています

イマクラータ、あなたたちは、表明しなければなりません。

これは冒瀆であると。

あなたたちの心に恐れがあるのは分かります。

しかし、イマクラータ、わたしがあなたとともに働くのです。

聖霊の花嫁であり、天の元后である聖マリアが。

恐れてはなりません。

どのような苦難、苦しみが襲ってきても、恐れてはなりません。

ロザリオを手に、戦いなさい。

戦い抜きなさい。

これからは、霊戦が一段と激しくなります。

今までのとおり、必ず七環のロザリオは祈りなさい(※)。

祈りが必要なのです。

祈らなければこの戦いは戦い抜けません。(後略)


※一日七環祈る「聖霊のロザリオのノヴェナ」というものがあり、当時マリア・イマクラータはそれにしたがって一日七環祈っていた。


(2018年8月14日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年4月
























a:41 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM