幻視者も謙遜であらねばなりません

1994年月4月9日
市川  

聖母:イマクラータ、私のことばを聞きなさい。

私は、聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて、あなたを祝福します。アーメン。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、書き記しなさい。

私はあなたに告げに参りました。

子供たちに伝えなさい。

私は悲しみのうちにあります。

私のかわいい子供たちが、私のマントのなかから抜け落ちていくからです。

なにが起こっているか、母はよく知っております。子供たちの心の中において・・・

あなたたちは、憐れみの心を持たねばなりません。

幻視者たちは聖人ではなく、神の道具であり、あなたたちと同じ人間です。

誤りも犯すし、自分の思い込みによって話し、子供たちをつまずかせることもあるのです。

あなたたちは、その人間を見るのではなく、彼らを通して話す、私マリアに信頼しなさい。

幻視者も謙遜であらねばなりません。

彼らが謙遜にその使命を果たすことができるように、どうか祈ってあげてください。

あなたたち一人ひとりは、神から呼ばれて、神のために働いているのです。

大きな仕事もあれば、小さな仕事、隠れた仕事もあります。

どの仕事も、神の仕事を成就させるためには、必要な働きです。

呼ばれたことを感謝してください。

不平不満の心で働いても、私たちは喜びません。

そこには悪魔が入り込んでくるからです。

主はいつもおっしゃいます―どんな時でもよろこびなさい、と。喜んでいなさい、と。

殉教者たちの信仰を想いなさい。

忘れてはなりません。

どんな些細なことも、愛の心をもってするならば、私とともにするならば、神の目には美しいのです。

私たちがあなたたちを眺めるとき、私たちの心に愛が溢れます。

私たちのように、お互いを眺めることができれば、あなたたちはどんな苦悩の中にあっても、平安と愛の中にあることができます。

ロザリオをとって私に倣いなさい。

私の生涯、聖ヨゼフの生涯を黙想しなさい。

(2018年8月15日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年4月
























a:11 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM