神は犠牲なしにはどんな恩寵も与えられることはないのです

1994年7月23日
  6:35am

聖母

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。アーメン。

私は、無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

愛と平和の気持ちで、心でいなさい。

何も恐れることはないのです。

もっと、喜びなさい。

犠牲と苦しみのチャンス、神があなたに与えてくれているチャンスを活かしなさい。

現実に人は苦しみにぶつからない限り、チャンスを神のために使うというチャンスもないわけですから、今は恵みの時であると考えなさい。

そうすれば何が起ころうとも、何を聞こうとも、あなたは落ち着いていられるはずです。

いつも母マリアがそばにいて働いていることを忘れないでください。

逃げ出したい、嫌なことだと思われることに出あうたびにそのことを受け止め、祈り、犠牲のチャンスとしなさい。

神は犠牲なしにはどんな恩寵も与えられることはないのです。

あなたに与えられた数々の恵み、それはあなた以外の者の聖なる犠牲、祈りによってもたらされていることを思い、無駄にしないでください。

感謝して一日を始めなさい。

常に、救霊と回心のためのミッションの器、道具であることを心に銘記しておきなさい。(後略)

(2019年1月15日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年7月
























a:213 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM