富士の上に立つ白い十字架、この意味を深く探りなさい、わが子供たちよ

1994年7月31日
コーナーストーンの祈りの集会にて 3:00pm 

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたとC,そしてここに来てくれた子供たちを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

私は、無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、わが子よ、「白鷺のコミュニティー」は「JMJコミュニティー」と呼ばれるでしょう。

「イエズス・マリア・ヨゼフ・コミュニティー」と呼ばれるのです。

子供たちよ、この「コーナーストーン」、祈りの共同体に与えられた旗を見なさい。

富士の上に立つ白い十字架、あなたのミッションであるこの祈りのグループは、東京と関東を救う、救霊のミッションなのです。

富士の上に立つ白い十字架、この意味を深く探りなさい、わが子供たちよ。

何と多くの子供たちが、母の手から逃れてゆくことでしょうか。

救いを得るとは、立ち続けてゆくとは、このように難しいのでしょうか。

イマクラータよ、難しくしているのは、子供たちよ、あなたがたの心ゆえなのです。

子供のようでありなさい、わが子供たちよ。

あなたたちの旗に刻まれた祈り、「イエズス、マリア、ヨゼフ、われ御身を愛し奉る、よって霊魂を救い給え」という、シスター・コンソラータに与えられたこの祈りを、たびたび唱えなさい、わが子供たちよ。

あなたたちは強く立って、この祈りの共同体を支えなければなりません。

また白鷺のコミュニティーと天が呼んできた、将来できるであろう共同体を、祈りによって護らねばなりません。

なぜなら、多くの迫害、妨害が起って来るからです。

あなたたちが少数であることは心配いりません。

あなたたちの祈りを使って、母が子供たちを救い、呼んでくるからです。

イマクラータ、わが汚れなき御心のバラよ、忍耐しなさい。

愛と祈り、信頼によって、あなたのミッションをやり遂げなさい。

強く立ちなさい、マリア・イマクラータよ。

御父があなたに与えたミッションをやり遂げなさい。

わが光の子供たちよ、わが望みの子供たちよ、イマクラータと共に、このミッションをやり遂げなさい、祈りなさい。

白い十字架、救いの十字架が、この関東に与えられるのですから。

御父が、救霊のために与えられるこの白い十字架(※)、この方舟の計画を喜びなさい。

日本は立ち上がらねばなりません。

混乱の中にとどまっていてはなりません。

立ちなさい、イマクラータ、わがバラよ。

イマクラータ、祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい。

妨害、迫害に心を留めてはなりません。

聖なる無関心によって、過ぎ越しなさい、わが子よ。

私は、聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて、あなたとC,そしてここにいいる子供たちを祝福します。アーメン。

(少ししてから)

イマクラータよ、心を煩わせてはなりません。強くありなさい。マリア・イマクラータ、わが子よ、このまま進みなさい。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

 コーナーストーンの旗というものがあります。天の指示によってある幻視者によって描かれた図柄の旗です。コーナーストーンの祈りの集会の時にはその旗が会場に飾られ、その前で祈りました。またその図柄は、コーナーストーンの祈りのプログラムの小冊子の裏表紙にも描かれ、また、JMJコミュニティーの聖堂内の祭壇脇にも刺繍されたその絵柄が現在飾られています。このメッセージで言われている「白い十字架」とは、間もなく奇跡として、世界に先駆けた印として、富士山の爆発一週間前に富士山の上に立つ白い十字架を暗示しているともとれます。ちなみに、JMJコミュニティーが発展するのはニューエラでであり、早くとも大警告後であると、聖母はマリア・イマクラータに語られました。以下に、JMJコミュニティーに関して主イエズス・キリストがマリア・イマクラータに語られたメッセージを掲載します。

1997年11月13日
 7:00am 

:そうだ。

あなたたちの共同体は、霊的に、天的に、始まっている。

あなたたちの共同体は、ゆっくりと進んでゆく。

なぜなら、あなたたちの共同体は、白鷺のコミュニティーと呼ばれ、まことに清い者だけが残るからだ。

私が呼んでいる者だけが、応答して応えるだろう。

呼ばれる者は多いが、選ばれる者は少ないということを忘れないように。

聖化を望まない者には、共同体も、ニューエラも入るのは難しい。

だが、祈りによってこれは達成できる。

こうしたことについては天に任せなさい。

あなたたちは自分の領分を果しなさい。

すなわち、聖なる者となること、祈り、償いをすること。

私は、あなたとC、JMJコミュニティーと子供たちを祝福しよう。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。




















a:32 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM