幻視者たちでさえ、自らを盲目と感じるほどの深い闇がこの世を覆っているのです。

1994年8月24日
  6:55AM
    

聖母:聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

イマクラータ、この地上は今、闇に覆われています。

幻視者たちでさえ、自らを盲目と感じるほどの深い闇がこの世を覆っているのです。

これは霊的な闇なのです。

この中に在って霊魂たちは浄められ、また浄く、天に信頼している者たちのみが、私の言葉に呼応して、歩んで来られるのです。

これは霊戦だからです。

あなたたち一人ひとりは、自らの霊魂に対する責任があるのです。

人を裁かずに、この霊戦において、キリストの光によって戦いなさい。

そうでなければ、あなたたちは盲目のまま、騙(だま)されて、倒れてしまうからです。

イマクラータ、一歩いっぽ歩みなさい。

常に共にいるこの母と共に。

では質問を聞きましょう。

:G(場所)のルルドの水と御心の水。(原文にはこれだけが書かれたある―管理人)

:幻視者が落ちたとしても、どの聖地も落ちることはありません。ですから、このルルドの水、御心の水も天からのものです。聖地が落ちなければ、ルルドの水も落ちません。もちろん、御心の水もです。

:(この質問は原文では白紙―管理人)

:この祝別はローマ・カトリックの司祭の祝別と同じではありません。また、同じではありませんが、恵みはあるのです。祝別として有効です。しかし、ローマ・カトリックにおける祝別の恵みの全てを得られるわけではないのです。
ですからローマ・カトリックであるということはどれほどの恵みが与えられているか、子どもたちは理解しなければなりません。

(2019年4月22日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年8月






(2017年3月1日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年8月






















a:164 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM