毎日、自分の心を糾明せねばなりません。

1994年9月9日(日)   6:30AM
    

聖母:

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

できるだけミサに与り、聖体拝領をしなさい。

たびたび告解に行きなさい。

毎日、自分の心を糾明せねばなりません。

わが主イエズスは、常に手を広げて子供たちが立ち戻るのを待っておられるのです。

わが神聖なる息子は、子供たちを救いたいがために十字架に掛ったのです。

この十字架の神秘について、子供たちは黙想しなければなりません。

苦しみの玄義を黙想しながら唱えなさい。

沢山のお恵みを得ることができるのです。(後略)


(2017年2月10日)RIGHT:カテゴリ→アーカイブ抜粋1994年9月





紐ロザリオ
二十三年前に、マリア・イマクラータが、日本でこの紐ロザリオを広めた際に書いた文章が見つかりました、長い文章ですので、抜粋してアップします。


















a:6 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM