そうです、矯正の鞭を受ける僕は幸いです

1996年1月30日
8:AM  
     

聖母:「そうです、矯正の鞭を受ける僕は幸いです.」(ローキューション 7:00AM)

そうです、イマクラータ、あなたたちは、今、ゆるやかな矯正の鞭のもとにあるのです。

今これを受け入れる者たちは、荒々しく目覚めさせられることはないのです。

時が進むに連れて、ますます、あなたたちの上に降りかかるものは、厳しいものとなってゆくからです。

これは、あなたたちの罪が引き寄せているものです。

罪と悪の結果であり、あなたたちのほとんどは、バベルの塔の時代よりも邪悪なのです。

聖霊に対する罪が、いかに人の心をかたくなにしてしまうことか。

あなたたちは、見ても信ぜず、聞いても聞こえないのです。

救われる者だけが、救われるのです。

あなたたちは、自分のためではなく、神の御意志のために働かなくてはなりません。(後略)




(2017年6月21日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年1月
























a:110 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM