あなたたちは、激しく、きびしい終わりの時の中に突入しているのですが、悟らない者は最後まで飲み食いし、めとり続けるのです。

1996年1月6日
8:15AM
     

聖母:慈悲深い神のなさり方なのです。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

神の正義の手はゆっくりと降ろされ、ある者にとっては早く、ある者にとっては遅く見えるのです。

ある者には、それが呼ばれる日となるからです。

あなたたちは、激しく、きびしい終わりの時の中に突入しているのですが、悟らない者は最後まで飲み食いし、めとり続けるのです。

あなたたちは、目覚めている者として、真理に立ち続けなければなりません。今日立っていたからといって、誰が明日立てると約束できますか。

あなたたちには、誰ひとりとしてそのような恵みが無償で与えられることはありません。

ただ、祈りという手段を通してのみ、あなたたちはそれを、恩寵を得ることができるのです。

祈ることによって、あなたたちは忍耐を、愛を学んでゆくことができ、神の厳しい試練に、あなたたちの心と体と霊魂を合わせて、歩んでゆくことができるからです。

イマクラータ、全ての苦しみには意味があり、あなたたち一人ひとりの時は数えられております。

神にとっては、全ての霊魂が貴いのです。

ですが、あなたたちは自分を捨て、自らの十字架を背負って、キリストに倣わなければなりません。

あなたたちは、常に、常に真理に立脚していなければならないのです。

あなたたちは、真理のために戦う、キリストの兵士となるべきだからです。

あなたたち一人ひとりが呼ばれている道を、謙遜に歩み続けなければなりません。

それは、長くきびしい、忍耐の道だからです。

黙想会のことは進めてゆきなさい。

多くの、大変に多くの恩寵が下るのです。(後略)




(2017年5月17日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年1月























a:96 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM