決して一日でも私たちを呼ばない日があってはなりません。

1996年10月27日
 コーナーストーン 3:00pm

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

今、わが浄配聖ヨゼフと共に、ここにいる全てのわが子供たちを祝福しましょう。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

イマクラータ、私の言葉を聞きない。

今の時代は、かつてなかったほどの恵みが与えられている時代です。

あなたたちは、迫害や苦しみ、試練に出会うでしょうが、あなたたちは、それ以上に大いなる恵みを、多くの幻視者を通して受けているのです。

この中で、徳に進んでゆく者はますます進み、そうでない者は後ろへと後退してゆくのです。

あなたたちが真の信仰に生きているのならば、完徳に向って絶えず進んでゆけるのです。

今の時代は特別な時代と言えます。

あなたたちは特権とも言える天からの直接の指示を受けるわが僕たちと共に歩んでニューエラへの道を進んでいるからです。

ですから子どもたちよ、動揺せずに祈りなさい。

あなたたちは、神があなたたちの霊魂を見るようには他の者の霊魂を決して知ることはないのです。

ですから、裁かずに、むしろ愛をもって平和でありなさい。

祈りによって識別し、天使、聖人、そして私の助けを願って一日を送りなさい。

決して一日でも私たちを呼ばない日があってはなりません

あなたたちは、オオカミの檻(おり)の中にいるよりも危険な中を歩んでいかねばならないのですから。(後略)



(2016年8月21日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年10月























a:204 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM