今日一日の労苦を背負い歩みなさい

1996年月10月5日 
 8:05am

聖母:試みにつぐ試みがあるのです。

一つひとつ、あなたたちは清い、正しい心で対応してゆかねばなりません。

けっして急ぐことはないのです。

すべてには時というものがあるからです。

また、人間にはそれを理解することはできません。

ですから、祈り、徳にみちた生活を送ることが大切なのです。

そうすると、あなたたちは測りがたい神の御旨というものを、幾分かでも理解でき、十字架の道を歩めるのです。

今日一日の労苦でよいとおっしゃったのです。

今日一日の労苦を背負い歩みなさい。

あとは神に任せなさい。

私はあなたと共におり、あなたを助けます。

ですから、祈り、願いなさい。

守護の天使、聖人たちの取次ぎを願いなさい。

すべての天の助けを、あなたは、わが子供たちは必要としているのです
。(後略)

参考

保護の聖人、または、いかなる聖人に対しても有効な祈り

栄光の聖(聖人の名前)(わが愛の保護者よ)御身(おんみ)は地上にて、謙遜と信頼のうちに神に仕え給えり。御身は今、喜びのうちに天国にて、神の至福を目(ま)のあたりにし給う。御身は死に至るまで忍耐を貫き、永遠の命をもって報いられ給えリ。今、われを取り巻く危険、混乱、苦悩を思い起こし、わが必要なることと困難のために取り次ぎ給え。特に―(願い、意向)を取次ぎ給え。アーメン。
(公教会認可。『白い祈祷書』より)


(2018年6月21日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年10月

























a:4 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM