もはや教会は、日本の教会は御聖体に対する崇敬を失うのです

1996年12月10日

Q:祈りの軍団のMさんの見たヴィジョン―主の御体が無くなっている黒い十字架は天からのものですか。

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

そうです、それは天からのヴィジョンであり、これからあなたたちに降りかかる悲しい出来事を示しております。

もはや教会は、日本の教会は御聖体に対する崇敬を失うのです。

御聖櫃は取り去られるでしょう。

御聖体は、いまやどこでもないがしろにされています。

ほんの少数の司祭だけが、真の信仰をもって御聖体のイエズスに仕えております。

祈りなさい、祈りなさい、やって来るものは邪悪なものだからです。(後略)

(2016年12月17日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年12月























a:190 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM