あなたたちは、その日、その時を知らないのですから、十分な準備をしておかなければ、間に合わなくなってしまうのです

1996年12月8日
「コーナーストーン」 祈りの家  3:00PM
    

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、今、わが浄配聖ヨゼフと共に、ここにいる全てのわが子供たちと、新しい祈りの家を祝福しましょう。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。
イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

世の中が、加速度的に邪悪なものとなってゆくので、あなたたちはグループとなって祈り、固まって住むことを求めるようになります。

また、それはあなたたちに対する天のアドヴァイスでもあります。

共同体が計画されている土地だけではなく、わが子供たちのいる所は、そのような祈りのグループを形成して、共に集まって祈ることによって、あなたたちは天の保護を確信することができるでしょう。

安全に対する準備は、今、始めておかなければなりません。

なぜなら、経済的なトラブルが発生したり、輸送手段に事欠いてしまったときには、あなたたちにはそのような事はもはやできなくなってしまうからです。

焦る必要はありませんが、着実にあなたたちは必要なことを成し遂げてゆかねばなりません。

あなたたちの霊的準備と物資的準備は、車の両輪のように必要です。

あなたたちは弱いので、物質的準備がなければ、容易に弱まってしまうからです。母が十分にあなたたち一人ひとりのことを思ってしているアドヴァイスに耳を傾けなさい。

今、始めなさい。

安全に対するあなたたちの考えは、私達から見ると不十分だからです。

あなたたちは、その日、その時を知らないのですから、十分な準備をしておかなければ、間に合わなくなってしまうのです

私は、祈りのグループを形成すること、祈りの集会に出ること、安全な地域に移動することなど、多くのアドヴァイスをしてきました。

子供たちは、これらに関して最後の点検を、準備をしなければなりません。

ある者には半年後でも、明日必要な者もいるからです。(後略)


(2017年3月28日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年12月





















a:105 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM