ゆっくりと組み直されていますし、そうあるべきなのです。

:1994年8月に世界中の天のミッションを委ねられた幻視者やプロモーターの間で大きな分裂があった。それは結果的に正統的に天のミッションを受け継いでゆく者たちと天のミッションを失う者たちとの篩分けでもあった。今、このメッセージを始めて読む人々にはそのような背景を知って読まれるべきである。当時、日本の現状を指して天は「霊的再編成」と言う言葉を頻繁に使われた。CENTER:1996年3月16日
  
     

聖母:ゆっくりと組み直されていますし、そうあるべきなのです。

日本の霊的構成について言っているのです。

なぜなら、人間とは、そう急には変わらないし、変わることができないからです。

イマクラータよ、忍耐によって証しなさい。

神がどんなに忍耐して待っているか。

神の御計らいに思いを馳せなさい。

人間の悪さえ、善のために使われるのです。

ですから、だからこそ、祈りなのです。

祈りが神を動かすからです。

(後略)




(2017年6月16日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年3月
























a:82 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM