黙想しながら祈ることは大切です。

1996年3月17日
   祈りの家 コーナーストーン    3:00pm

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私は、あなたを祝福します。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

今、聖ヨゼフと共に、ここにいるあなたたち全てを祝福しましょう。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

イマクラータ、私の言葉を聴きなさい。

イマクラータ、多くの事が起こる前に、母は子供たちに警告してきました。

あなたたちは、それがいつあなたたちの上に降りかかるかを知らないからです。

そして、私はあなたたちが、私の言葉を聴いても、まるで聴かなかったかのように生活し、亡びへとまっすぐに走ってゆくのを見て、泣いているのです。

多くの者が、自分の罪を認めないのです。

あなたたちは多くの罪を赦してもらいました。

あなたたちは気づかずに、多くの罪の中に沈んでいるのです。

ですから母は泣いているのです。

黙想しながら祈ることは大切です。

黙想のうちにあなたたちは光を受け、悟ることができるからです。

イエズスの御受難を黙想する者は大いなる恵みを受けることができるのです。

罪を打破し、悪習から逃れることができるのです。

あなたたちの未来を見て、母は泣くのです。

ロザリオを祈りなさい。

あなたたちは多くの恵みを受けることができるからです。(後略)

(2016年7月17日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年3月






















a:156 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM