あなたたちは、この世の印ではなく、十字架の印を身に帯びた者として、歩んでゆかねばなりません

1996年4月14日
 祈りの家  コーナーストーン
3:00pm''

聖母:イマクラータ、書き記しなさい。

聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。私はあなたを祝福します。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、今、聖ヨゼフと共にあなたと○○、そしてここにいる全てのわが子供たちを祝福しましょう。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

そうです、あなたたちは、聖霊の囁きを聞き取るためには、できる限り、悪魔の影響下にない方が良いのです。

あなたたちの周りは、サタンの妨害と影響に満ちみちています。

この世は全て、サタンのものです。

あなたたちは、この世に在りながら、この世に属さぬ者として、歩んでゆかねばなりません。

この影響下にあるあなたたちは、できる限り聖なる生活を望み、目指さななければなりません。

あらゆるところに、誘惑と罠が満ちみちているからです。

あなたたちは、この世の印ではなく、十字架の印を身に帯びた者として、歩んでゆかねばなりません。

それがいかに苦しいことになろうとも、です。

この苦しみのうちに、あなたたちは、キリストを証することができるからです。

イマクラータ、あなたは、聖霊の満ちみちた恵みを、恩寵を願いなさい。

わが子供たちよ、あなたたちは、恩寵を願って祈りなさい。あなたたちが、聖化されればされるほど、全てが変わってゆくのですから。(後略)

(2016年9月25日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1996年4月























a:139 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM