清くあり、罪から全く離れていれば、恐れることはありません。

1998年5月3日(日)
  祈りの家   コーナーストーン    3:00pm

Q:4月28日に見たヴィジョンについて。巨大な蜂のようなもの。口に、長く鋭い針がある。

聖母:口による災い。言葉による攻撃。サタンによるあなたたちへの攻撃を警戒させるためのヴィジョンです。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

私は無原罪の聖母、無原罪の御孕り、あなたがたの母、罪人の拠り所、罪人の母、キリスト信者の扶けなる聖マリアです。

イマクラータ、今、わが浄配聖ヨゼフが祝福します。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

イマクラータ、私の言葉を聞きなさい。

ヴィジョンは、あなたに警戒し、将来に対して備えさせるためであって、それが、そのヴィジョンが文字通り起こるわけではありません。

この攻撃は、あなたにとってかなりの痛手となるでしょう。

このサタンの攻撃が起これば、ですが、起こる可能性が高いので、あなたに警戒させるのです。

言葉、うわさ、スキャンダルに気をつけなさい。

柔和、謙遜だけではなく、賢明,剛毅の徳も必要なのです。

危険を回避するためには、「鳩のように柔和で、蛇のように聡(さと)くありなさい」

清くあり、罪から全く離れていれば、恐れることはありません。

恐怖は、サタンの常套手段です。

私は、ここにいる子供たちを祝福します。聖父と、聖子と、聖霊との御名によりて。アーメン。


(2016年5月16日)

カテゴリ→アーカイブ抜粋1998年5月























a:627 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM