1994年

12月28 日ー「キリストの教えに招かれた全ての者たちは、殉教者となるか、証人となるように呼ばれているのです」
12月18 日ー「あなた方の国は、共産主義の力によって、踏みにじられるのです」
12月7 日ー「全ては偶然ではないのですから、あなたは特別な贖宥(しょくゆう)の付いた紐ロザリオを広めなさい」
12月5 日ー「人間は、いかに善意に満ちていても、その自由意志においては判断を誤ることがあるのです」
12月4 日ー「このロザリオを使って、ある特定の聖職者のためにノヴェナをすると」
12月4b 日ー「聖ヨゼフの生涯を黙想しなさい」
12月3 日ー「わが神聖なる息子イエズスは、あなたが、その贖宥あるロザリオを広めることを望んでおられます」
12月1 日ー「サタンの計略です。五感すら彼らは騙せます」
11月27 日ー「もっと、もっと祈りなさい、わが子どもたちよ、あなたたちの国が変わるように」
11月25 日ー「ミサは最高の祈りであると同時に、カトリックの信仰の頂点であるのです」
11月24 日ー「ふさわしく行なわれる聖体拝領によって、あなたたちは変わってゆくからです」
11月23 日ー「多くの噂に振り回されず、淡々と天への道を歩みなさい」
11月22 日ー「この世は、なんと罪と汚れの中に沈んでいることでしょう」
11月18 日ー「山羊と羊が分けられる時だからです」
11月14 日ー「あなたは、一つひとつ成し遂げていかねばなりません」
11月12 日ー「明日のことはできるかぎりでよいのですから、心配することはありません」
11月10 日ー「すべてが潰(つい)えたように見えたとしても、神に対する信頼を失ってはなりません」
11月8 日ー「まことに今は霊的識別なくしては、何も分からなくなるでしょう」
11月6 日ー「私のマントから逃れ落ちてしまう子どもたちのために祈りなさい」
11月4 日ー「御聖櫃にお隠れになっているイエズスをお慰めしなさい」
10月30 日ー「少数の聖なる霊魂のいる教会は救われるのです」
10月29 日ー「これは遊びでも、ゲームでもないからです」
10月23 日ー「このプログラムがひろがっていくよう祈り続けなさい」
10月21 日ー「聖書も含めて、毎日霊的読書をするよう心がけていなさい」
10月19 日ー「すべてはこの母が取り計らうのですから、忍耐し、待ちなさい」
10月16 日ー「反キリストが、マイトレイヤがこの世を支配するとき、あなたたちの信仰は残っているでしょうか」
10月15 日ー「その日はミサに与り、ロザリオを祈って一時間の聖時間をもちなさい」
10月14 日ー「日々、あなたの上にある出来事、送られることに気を付けてごらんなさい」
10月13 日ー「この償いの日の信心を忘れてはなりません」
10月12 日ー「祈りの家は、この母が現存する聖なる所です」
10月11 日ー「祈りがどんなに大きな力があるのか」
10月9 日ー「真の信仰が無ければ、あなたたちは耐えられないでしょう」
10月2 日ー「幻視者たちの多くが弱くなり、この母の声と、自我の中に働く邪悪なるものの声を聞き違えるのです」
10月1 日ー「自分で立ち上がろうとせず、もっと、もっと、私により頼みなさい」

9月30 日ー「この母は、ロザリオを必要としているのです」
9月29 日ー「イマクラータ、「9」のつく日には、大天使聖ミカエルのチャプレットを祈りなさい。」
9月26 日ー「多くの恵みが、特別な時代に降っています。持てる者はさらに持ち、持たない者は、その持っている僅かなものすら失うでしょう。」
9月25 日ー「祈りだけがその軛(くびき)を挫(くじ)くことができるのです」
9月21 日ー「私は、天の元后、聖マリアです」
9月20 日ー「祈り、戦いなさい」
9月19 日ー「共同体とは、まことにニューエラへの入り口です」
9月18 日ー「苦しんでいる教皇様のために祈りなさい」
9月16 日ー「起こることは全て、神は良い事のためにお許しになるからです」
9月11 日ー「この「コーナーストーン」は防波堤だからです。
9月9 日ー「毎日、自分の心を糾明せねばなりません」
9月7 日ー「イマクラータ、善と悪との戦いは、この地上において最も熾烈な時を迎えようとしているのです」
9月5 日ー「「幸いなるかな、心浄き者、その者は神を見るであろう」」
9月4 日ー「マリアの子供として、自分自身の言葉、行動を点検しなさい、わが子どもたちよ」
9月2 日ー「私を通して、聖霊に光を与えてくださるようロザリオを祈りなさい」

9月1 日ー「この世は徐々に、多くの苦しみによって浄められていきます」
8月31 日ー「この救いのために、わが主イエズスは、むごたらしい十字架の死を選ばれたのでした」
8月30 日ー「祈りなくしては戦い抜けない霊戦なのです」
8月29 日ー「どのようなことがあっても、やり抜こうとする意向、意志を持ちなさい。」
8月28 日ー「どんな大混乱の中でも、母のロザリオ一連と共に歩みなさい」
8月27 日ー「この大混乱によって多くの者たちが振るわれてしまうからです。」
8月25 日ー「耐えられないと感じたとき、すぐにロザリオに戻りなさい」
8月24 日ー「幻視者たちでさえ、自らを盲目と感じるほどの深い闇がこの世を覆っているのです」
8月23 日ー「汚れなき御心に奉献されたこの日本、この日本が大きな印となるときが近づいているからです」
8月22 日ー「許し合い、愛し合い、祈り合うことはとても必要なことです」
8月19 日ー「祈りによってでしか識別できない、暗黒の時が到来しているのです」
8月18 日ー「聖なる無関心と、人を裁かないで、時を待ちなさい」
8月17 日ー「そして子供たちよ、理解できないからと言って、裁かないでください」
8月16 日ー「あなたたち光の子供たちは、テーブルの燭台のように輝き、模範にならねばなりません」
8月15 日ー「子どもたちと共に、愛、一致、祈り、この小さき道を歩みなさい」
8月14 日ー「謙遜であれば、倒れることはないのです」
8月13 日ー「神秘的教会の一致はとても重要なのです」
8月9 日ー「分裂を望んでいるのは悪魔なのです」
8月8 日ー「祈り、進む者は、天からの指示から大きく逸れてしまうことはないのです」
8月7 日ー「ロザリオを日々、玄義を黙想しながら祈りなさい」
8月6 日ー「混乱の中から良いものが生まれる」
8月5 日ー「あなたがたは清くあらねばなりません」
8月4 日ー「人間的な思いで、神のなさり方を計ってはなりません」

8月3 日ー「祈り、識別し、歩みなさい」
8月2 日ー「祈りつつ、ロザリオを祈りつつ歩みなさい」
7月31 日ー「富士の上に立つ白い十字架、この意味を深く探りなさい、わが子供たちよ」
7月30 日ー「白鷺のコミュニティー(JMJコミュニティー)は実現するからです」
7月28 日ー「自我の中に隠れている「白い蛇」に警戒しなさい」
7月27 日ー「天の御旨は曲げられてはならないのです」
7月26 日ー「とにかく捜しなさい、そうすれば見つけるでしょう」
7月25 日ー「祈りの家のことは心配せずに行いなさい」
7月24 日ー「負けそうになればなるほど祈りなさい」
7月23 日ー「神は犠牲なしにはどんな恩寵も与えられることはないのです」
7月22 日ー「聖霊に照らしを願いなさい」
7月21 日ー「わが息子イエズスは、常に十字架上で手を広げて子供たちを抱こうと待たれているのです」
7月20 日ー「自分たちが、まことにカトリックの基本的な教えのもとに立っているのか、振り返りなさい」
7月19 日ー「自我に打ち勝つには、血のにじむような努力が必要」
7月17 日ー「ファティマでも、ルルドにおいても、秋田でも、常に母は同じことを望んでいるのですから」
7月16 日ー「玄義にもっと集中しなさい」
7月14 日ー「天が開くように、天があなたに知らせることができるように」
7月10 日ー「祈らなければ、謙遜になることができないのです」
7月8 日ー「祈りが少なくなれば、それだけあなたたちは弱くなるからです」
7月6 日ー「小さな嘘、怠慢、嫉妬、邪推などの、日常的に犯されている小罪に、もっと敏感でありなさい」
7月5 日ー「祈り、犠牲、苦しみ…これが無くては世界は救われないのです」
7月3 日ー「ロザリオを祈ること、御聖体にましますわが主を礼拝すること、たびたびミサに与り、告解すること」
7月2 日ー「子供たちよ、大雨が始まったら大破壊はまもなく始まるということを覚えておきなさい」
6月30 日ー「わが子供たちが、光の子供たちが一致できるように祈りなさい」
6月27 日ー「悪を恐れてはなりません」
6月26 日ー「サタンの業は、愛の前では決して勝利することはできないのです」
6月25 日ー「決して人を非難せず、愛によって、すべてを成し遂げてください」
6月23 日ー「私の愛する、小さな謙遜な霊魂たちよ!」
6月22 日ー「サタンは、日本のミッションをつぶしたいのです」
6月21 日ー「この世は、ソドムとゴモラの時代より、ひどい悪と罪によって汚れています」
6月19 日ー「偽預言者が間もなく出てくるのです」
6月18 日cー「メッセージに関して、真実のことを知るためには必要なことなのです」
6月18 日bー「今は偽りのメッセージが横行しているのです」
6月18 日ー「聖霊にノヴェナを祈りなさい」
6月17 日ー「霊的な崩壊だけではなく、現実に恐ろしい災害が日本を襲うのです」
6月16 日ー「悪魔は、あらゆる方法を使って、何度でも、あなたたちの弱点を責めるのです」
6月14 日ー「その者の語る言葉を聞いて判断しなさい」
6月13 日ー「あなたに語ったこの母の言葉はことごとく実現するのです」
6月12 日ー「あなたたちの祈りによって、御父は罪人たちを救うことができるのです」
6月10 日ー「不平や不満ではなく、いつも感謝していなさい」
6月8 日ー「悪魔から影響を受けたメッセージ」
6月6 日ー「何を聞いても恐れない強さ、剛毅を聖霊に願いなさい」
6月5 日ー「私の腕の中から離れないようにしなさい」
6月4 日ー「私に任せて祈りなさい」
6月1 日ー「日々、心を騒がせず、一歩いっぽ成し遂げていきなさい」
5月31 日ー「何が天の御旨か分からなくなったとき、ロザリオを祈りなさい」
5月30 日ー「すべては、天が許し、起こっていることです」
5月29 日ー「このような祈りの運動が、世界各国で起こるでしょう」
5月28 日ー「いつでも愛と祈りに満ちていなさい」
5月27 日ー「天はすべてを知っているからです」
5月23 日ー「分裂が起こるでしょう」
5月22 日ー「悪魔は既にこのことを知っているので、あなたたちに挑戦してくるでしょう」
5月21 日ー「教皇様のためにも祈らなければなりません」
5月20 日ー「今のあなたの状態を捧げなさい」
5月13 日ー「この世にあるあいだは、常に自己と闘い、悪魔と闘わねばなりません」
5月11 日ー「愛の心を起こし、生活すべてが祈りであるように努めてごらんなさい」
5月10 日ー「私がいつもあなたとともにいることを」
5月8 日ー「すべての恵みの仲介者、汚れなき乙女、聖マリアの祝日」
5月6 日ー「祈りのない者が、使徒的活動において成果を上げることはできません」
5月5 日ー「祈りによって偉大なことが成し遂げられるのです」
5月1 日ー「聖霊の賜を乞い願いなさい」
4月30 日ー「謙遜はすべての徳の基礎です」
4月29 日ー「私は神とあなたがた人類との仲介者であり、共贖者なのです」
4月28 日ー「私は、この世にあるあいだ、多くの辱(はずかし)めと侮辱を受けました」
4月27 日ー「愛は、すべての時代、すべての聖性、すべての救霊、すべての贖いです」
4月26 日bー「恐れることなく歩みなさい」
4月26 日ー「天に対するまったき愛、信頼がなければ、この道は歩めないのです」
4月25 日ー「私にすべての心を打ち明けて、祈りなさい」
4月24 日ー「生半可な気持ちで東京を支えることができると思いますか」
4月23 日ー「神は何事も代償なしにはなさらないのです」
4月22 日ー「世界中で、私はロザリオを祈ってくださいと嘆願しております」
4月21 日ー「七つの悲しみに満ちた汚れなき御心の信心」
4月20 日ー「共同体とは、自我に執着していてはなりゆかない所です」
4月19 日ー「苦しまれている教皇のために祈りなさい」
4月18 日ー「不安がなければ、本当に信頼するという理性的な行動も生まれません」
4月17 日ー「恐怖はサタンの道具です」
4月16 日ー「祈らなければ、どのように強い幻視者でもだまされるのです」
4月15 日ー「心が天に届かないと思っているときの祈りほど、母は聴いております」
4月13 日ー「多くの者たちは地獄へ行くのです。真冬に降る雪のように。」
4月12 日ー「イエズスとともに、十字架で勝利しなさい」
4月11 日ー「母の道具となってください」
4月10 日ー「ロザリオが原子爆弾の力より強いこと」
4月9 日ー「幻視者も謙遜であらねばなりません」
4月8 日ー「教皇様は、ヴァチカンのなかで、本当に孤独な戦いを闘っているのです」
4月6 日ー「東京の人々は立ち上がらなければなりません」
4月5 日ー「堕胎の罪に対して、永遠の御父は罰をお送りになっておられます」
4月3 日ー「これから多くの事が起ってきますが、わたしの言葉をいつも信じなさい」
4月2 日ー「聖ヨゼフのいと潔(きよ)き御心よ、御身に祈り奉るわれらを保護し給え」
3月30 日ー「司祭たちはほんとうに生ぬるくなり、地獄への道を歩んでおります」
3月28 日ー「苦しみは宝です」
3月27 日ー「私があなたたちに望むのは、愛、一致、そして祈りです」
3月25 日ー「祈りによって、サタンの計画の遂行を妨げることができるのです」
3月23 日ー「祈らなければ、その日の恵みは得ることはできないのです」
3月20 日ー「ロザリオによってでしか、あなたたちは救われない時がくるのです」
3月17 日ー「ロザリオは宝です」
3月16 日ー「東京に数々の災害が襲ってきますが、わたしに信頼しなさい」
3月15 日ー「東京の地震は必ず起こります」
3月14 日ー「私があなたにしてほしいのは、人々を導くことです」

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM