終末の時―大警告・再臨におけるカトリックの伝統と正統な信仰を求めて

十字軍の祈り

十字軍の祈り

「大警告―マリア・ディバインマースィー」より http://wmcsn.jp/



十字軍の祈り第58番ー回心の十字軍の祈り

おお、愛するイエズスよ、すべての神の子らを抱きしめ、御身(おんみ)の貴き御血(おんち)もて彼らを覆い給よう、われ御身に懇願し奉る。
邪悪なるものより保護するために、御血の滴(しずく)がすべての霊魂を覆わんことを。
すべての者たち、とりわけ心の頑(かたく)な者たち、および御身を知りながらも傲慢の罪に汚れし者たちが、跪(ひざまず)き、御身の愛の光が彼らの霊魂に溢るることを請い願うよう、彼らの心を開き給え。
真理を悟るべく彼らの眼を開き給え、そは、御身の御憐(おんあわれ)みの曙が彼らを照らし、彼らを御憐みの光もて包み込まんがためなり。
今われが御身に求め奉る恵みによりて、すべての者を回心させ給え。(ここで個人的意向を)
われ御身の御憐みを希(こいねが)い、すべての罪の償いとして、(この6月に)週一回の断食の捧げものを御身に捧げ奉る。アーメン」

あなたたちは、次の祈りを、週一回、私、あなたたちの最愛の母の像(御絵、御像)の前で祈らなければなければなりません、また、この祈りを祈る前には聖水で自らを祝福しなさい。

十字軍の祈り第153番―子供たちの保護の賜物

「おお神の御母(おんはは)、救いの母よ、

御身(おんみ)がこれらの子供たち(ここで子供たちの名前を挙げる)の霊魂を聖別し、御身の最愛の御子(おんこ)に捧げ給わんことを、われ願い奉る。

イエズスが、その貴き御血(おんち)の力によりて、悪に対するあらゆる保護もてこれらの小さき者たちを覆い、護り給うよう祈り給え。

大いなる困難の時においてわが家族を護り、また御身の御子が、わが家族をキリストによって一つに一致させんとするわが願いを嘉せられ、われらに永遠の救いを給うよう、われ御身、わが愛する母に願い奉る。アーメン」

戦争を避けるための祈り

十字軍の祈り第120番―戦争の拡大を阻止する

「おおわが甘美なるイエズス、人類を滅ぼす戦争を取り除き給え。

無垢なる者たちを苦しみより護り給え。

真(まこと)の平和をもたらさんとする者たちを護り給え。

戦争の被害を受けた者たちの心を開き給え。

幼き者たち、弱き者たちを護り給え。

戦争で命を落とす者たちのすべての霊魂を救い給え。

愛するイエズスよ、すべての神の子どもたちの霊魂のために祈るわれらを強め、戦いのあいだにわれらに与えられる苦しみに、われらが耐えうる恵みを与え給え。

戦争の拡大を阻止し、霊魂を御身の聖心(みこころ)の聖なる避難所へと導き給え。アーメン」

カテゴリ→十字軍の祈り
(2015年1月8日)

十字軍の祈り第164番―諸国の平和のための祈り
「おお、イエズス、われに平和をもたらし給え。

わが国及び、戦争と分裂がために引き裂かれし国々に平和をもたらし給え。

正義の名のもとに他の者たちに苦しみをもたらしたる、頑(かたく)な者の間に平和の種を蒔き給え。愛と調和が栄えんがために、御身(おんみ)の平和を受け入れるための恵みを、神の子らすべてに与え給え。

そは、神への愛が悪に打ち勝ち、霊魂が虚偽、残忍、悪しき野望の腐敗より救われんがためなり。

御身の聖なる言葉に生活を捧げたる者たち、また御身をまったく知らざる者たちに、平和を行き渡らしめ給え。アーメン」

十字軍の祈り第125番―神の至聖なる言葉を護る
『おお、救いの母よ、この苦しみの時に、この卑しき神の僕が、神の至聖なる言葉を擁護するを助け給え。愛する母よ、われを御身(おんみ)の御子(おんこ)に奉献し給え。そは、御子がその貴き御血(おんち)もてわれを包むを得んがためなり。地上の至聖なる教会を飲み込む艱難の時においてキリストの教えに忠実たらんがために、イエズス・キリストの御取(おんと)りなしによりて、われに恵みと力、意志を与え給え。アーメン。』


十字軍の祈り第83番―天罰を和らげるため
2012年11月1日  

「おお愛する父、至高なる神よ、われら御身(おんみ)の哀れなる子、天の御身の栄光の玉座(ぎょくざ)の御前(みまえ)に平伏し奉らん。

世の悪を取り除き給うようわれら御身に請い願い奉る。

われら、地上の御身の子らに恐るべき試練を引き起こす者らの霊魂のために、御憐みを懇願し奉る。

彼らを赦し給え。

反キリストが自らを知らしめるや否や、彼を取り除き給え。

御身が天罰の御手(みて)を和らげ給えることを、われら御身、愛する主に願い奉る。代わりに、今の時に、御身の子らの苦しみを和らげんとするわれらの祈りと苦しみを受け入れ給え。

われら御身に信頼し奉る。われら御身を敬い奉る。我らを罪より救わんがために、御身のひとり子、イエズス・キリストを遣わし給いし時に、御身の忍ばれ給いし大いなる犠牲に、われら感謝し奉る。

われら再び、御身の御子(おんこ)を人類の救い主として迎え奉らん

。われらを護り給え。我らを害より護り給え。

われらの家族を護り給え。

われらを憐み給え。アーメン」

  

Copyright

私は、彼らを阻止するためのこの十字軍の祈り第31番を祈るよう、あなたたちに促す。

「''おおわがイエズスよ、わが祈りをして、御身の聖霊を動かさしめ給え。聖霊が、肉欲、貪欲、強欲、傲慢によって動かされたる指導者たちの上に下り給い、彼らの、無垢なる者たちへの迫害をやめさせ給わんことを。

貧困、飢饉、戦争が、御身の子らを飲み込むを阻止し給うよう、われ御身に願い奉る。ヨーロッパの指導者たちが、御身の愛の真実にその心を開くようわれ祈り奉らん。アーメン」''


画像の説明

十字軍の祈り14番

一昨日BBCのTVを見ていたら、ロシア・シベリアの洪水はひくどころか悪化しているというニュースを見ました。日本のニュースではそういう報道がほとんどありません。インターネットでロシア関連のニュース(「ロシアの声」等)を調べましたが、なぜかその洪水のニュースはありませんでした。BBCのTVだけが報道したのです。
この世は悪の勢力とそれと戦う善の勢力に2分されつつあるように思えます。いわば悪の軍隊と祈りの軍隊とに…。祈りの軍隊には力がないように見えますがそうではありません。祈りは神を動かします。マリア・デバインマースィの預言によれば、洪水は御父が介入しているという印なのです。中国でも最近5月に地震や洪水のニュースがありました。全世界的に災害が増えているのですが、中国とロシアが終わりの時の大戦争―第三次世界大戦に深くかかわっているとすれば、ムべなるかな…というところでしょうか。最近の中国とベトナムの小競り合いやウクライナの内戦を見ていると、そんなに単純に図式化できないにしても、悪はますます悪となりつつあるように見えます。バチカンのトップに偽預言者が座り、徐々にラサレットやファチマの預言が成就しつつあります。最終的に核が使われると預言されているにしても、祈りによって守られるのです。核戦争から守られる祈りが、カテゴリの『十字軍の祈り』の中にあります。(2014年6月4日)

カテゴリ→十字軍の祈り



No.24

十字軍の祈りNo.24―罪の赦しに対する全免償
2012年1月31日 9:30pm

わが軍隊は、彼らの私への愛によって、今、非常に特別な恵みが与えられる。

私は、彼らが回心を広めるため、彼らがわが松明(たいまつ)を運べるようにこの全免償を与えるのだ。

私からのこの賜物は、彼らがわが聖なる言葉の真理を広めることを可能にし、その結果、彼らが行く先々で、わが言葉は人びとの心に触れるだろう。

この祈りを七日間続けて祈らなければならない、そうすれば、完全なる罪の赦しと、聖霊の力の賜物を与えられるだろう。

おおわがイエズスよ、御身(おんみ)は世の光なり
御身はすべての霊魂に触れる炎なり
御身の御憐みと愛は限りなし
われら御身の十字架の死による犠牲(いけにえ)に値せず
しかれども、御身のわれらへの愛が、われらの御身への愛に勝るをわれらは知れり
御身の新しき国にふさわしき者たらんがために、おお、主よ、われらに謙遜の賜物を与え給え
われらを聖霊で満たし給え、そはわれらが前進し、御身の軍隊に御身の言葉の真理を宣言せしめ、またわれらの兄弟姉妹をして御身の地上への再臨の栄光に準備せしむるをえんがためなり
われら御身を敬い奉る
われら御身を賛美し奉る
われら、霊魂を救わんがために、御身への捧げものとして、われら自身、われらの悲しみ、われらの苦しみを捧げ奉る
われら御身を愛し奉る、イエズスよ
いづこにいようとも、御身のすべての子供たちを憐み給え
アーメン。」

平和のうちに行きなさいわが最愛の従者たちよ、あなたたちの私への愛は私の心を燃え上がらせ、わが永遠の御父と、わが祝されし母、天使たち、そして天の諸聖人を大いに喜ばせているということを覚えておきなさい。
私は、あなたたち皆を愛している。私は、あなたたち一人ひとりをこの腕で抱きしめる瞬間を待っている、その時あなたたちは、地上での生活のあいだ待ちわびてきた、平和、愛、喜びを見出すことだろう。

あなたたちの最愛のイエズス・キリスト


カテゴリ→十字軍の祈り


十字軍の祈り130番―救いのノヴェナ


130番

わが最愛なる救いの母よ、御子(おんこ)、イエズス・キリストの御憐(おんあわ)れみによりて、永遠の救いの賜物を、すべての者に得さしめ給え。

すべての者をサタンの束縛より解き放たんとする御身(おんみ)の仲介による御身の祈りを、われ嘆願し奉る。

御子を拒み、冷淡もて御子を傷つける者たち、また偽りの教義と偽りの神々を崇める者たちに、御子の御憐みと赦しを願い給え。

愛する母よ、御身の御扶(おんたす)けをもっとも必要とする者たちの心を開く恵みを求め給わんことを、われら御身に嘆願し奉る、。アーメン


わが聖子、イエズス・キリストを、その人類に対する御計画において手助けするという私の約束は、私の、すべての恵みの仲介者にして共贖者(きょうしょくしゃ)としての役割を認めるあなたたちすべてを集めることなのです。その結果、世界は、あなたたちの救い主にして贖い主であるイエズス・キリストと一致して一つになることができるのです。

平和のうちに行きなさい。私は、あなたたち愛する子どもたちのためにいつも祈ります、また、神の御眼において人類を贖うためのあなたたちの祈りにはいつも応えます。

あなたたちの母
救いの母

十字軍の祈り33番

「おお、わが神、わが愛する父よ
われ、愛と感謝のうちに、御身(おんみ)の聖なる「保護の印」を受け奉らん

御身の御神性は、わが身体(からだ)と霊魂を永久(とこしえ)に覆えり。

われ、伏して感謝し奉り,御身、わが最愛の御父に、わが深甚なる愛と忠誠を奉げん

われ、この妙(たえ)なる印によりて、われとわが愛する者たちの保護を請い願わん

またわれ、わが命を懸けて、永久(とこしえ)に御身に仕えん。

われ御身を愛し奉る、わが愛する父よ。

いまこの時、われ御身を慰め奉らん、愛する父よ

世の罪の償(つぐの)いと、御身のすべての子らの救いのため、われ、御身の最愛の御子(おんこ)の、御体(おんからだ)、御血(おんち)、御霊魂(ごれいこん)、御神性(ごしんせい)を御身に奉げ奉る。アーメン。」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)

十字軍の祈り第14番―父なる神に、核戦争からの保護を求める祈り
2011年12月14日 7:15pm

起こりうる核戦争からの保護と救いを求めて、すべての者が父なる神に祈るために、イエズスからマリア・ディバインマースィに与えられた祈り。


おお全能の聖父(ちち)、至高なる神よ、すべての罪びとを憐み給え。彼らが救いを受け入れ、豊かな恵みを受け入れるよう、彼らの心を開かしめ給え。

わが家族のための嘆願を受け入れ、家族一人ひとりが、御身の愛に満ち見てるみ心によりて嘉されんことを確かなものとなし給え。

おお聖なる天の聖父よ、地上の御身(おんみ)の子どもらを、あらゆる核戦争、あるいは御身の子どもらを滅ぼさんともくろむ他の行いより、地上の御身(おんみ)の子どもらを護り給え。

われらを害に遭わせ給わず、われらを護り給え。心に恐れを抱くことなくわれらが救いの真理に目と耳を開くべく、われらを照らし給え。アーメン



十字軍の祈り第20番―反キリストが世界を破滅させるのを阻止する
2012年1月19日 8:30pm

おお、父なる神よ、御身(おんみ)の貴き御子(おんこ)の御名(みな)によりて、反キリストが、御身の子らの霊魂を誘惑するを許し給わざれ。

反キリストが、御身の子らに恐怖を与えるを許し給わざるよう、われ御身、全能なる父に乞い願わん。

御身の創造物を反キリストが汚すを許し給わざるよう、御身に乞い願い、また反キリストに対して無力なる哀れな者たちを憐み給うよう願い奉る。

わが祈りを聞き給え、愛する父よ、またこの恐るべき悪より御身のすべての子らを救い給え。アーメン」

十字軍の祈り第30番―戦争、飢饉、そして宗教的迫害を避ける
2012年2月14日 6:00pm

私、あなたたちの父への祈りは、この特別な十字軍の祈り第30番を祈ることで、あなたたちの毎日の祈りに加えられねばならない。

おお、わが永遠の父、宇宙の創造主なる神よ、われらをして御身をさらに愛さしめ給うよう、われ御身(おんみ)の貴き御子(おんこ)の御名(みな)によりて請い願い奉る

敵の前に、われらが勇敢、大胆、強固なるよう助け給え。われらの犠牲、苦しみ、試練を、御身の地上の子らを救うための、御身の玉座の御前に捧ぐる捧げものとしてて受け入れ給え。

汚れし者らの心を和らげ給え。彼らの眼を御身の愛の真(まこと)に開かさせ給え。そは、彼らが、御身の聖なる御旨によりて、われらがために御身の愛によりて創り給いし楽園に、御身の子らと共に彼らが加わること能(あと)うがためなり。アーメン」
いま私は、十字軍の祈り第27番―世界の平和を求める祈りをあなたたちに与える。

「おお、わがイエズスよ、われ、恐ろしき戦争に苦しむ者たちのために御憐(おんあわれ)みを請い願わん。御身(おんみ)の現存の真理に盲目なる苦難の諸国に、平和が徐々に実現されんことを。

これらの国々を聖霊の力で包み込み給え。そは、これらの国々が、無垢(むく)なる者らに対する支配追及を止(や)めんがためなり。

世界を覆う邪悪なる残虐さに無力なるすべての国々を憐み給え。アーメン」

十字軍の祈り第71番―「迫害よりわれらを護るための祈り」

「おお、イエズス、神の子らを反キリストより護り給え。
地球を支配せんとする計画よりわれらを護り給え。
主よ、われらを迫害より護り給え。
御身の目に、闇のなかにいる者たちが贖われ得るよう、反キリストより彼らを護り給え。
われらの弱きを助け給え。
立ち上がり、互いに鼓舞し、楽園の門を目指す御身の軍隊として進軍すべく、われらを霊において強め給え。
われ御身を必要とす、愛するイエズスよ。
われ御身を愛し奉る、愛するイエズスよ。
われ、御身の地上での現存を讃え奉る。
われ闇を追い払わん。
われ御身を崇(あが)め、われがいついかなる時も、御身の御憐みに信頼せんがため、御身がわれに御身の現存の真(まこと)をわれに明かすことを可能ならしむるよう、われ身体(からだ)と心においてわれ自身を明け渡さん。アーメン。」」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)



十字軍の祈り87番

「おお父よ、御子(おんこ)のために、共産主義よりわれらを救い給え。
われらを専制政治より救い給え。
不信仰よりわれらの国を護り給え。
われらの子供を害より護り給え。
われらが神の光を見るのを助け給え。
御子の教えに、われらの心を開かせ給え。
すべての教会が、神の言葉に真実であり続けるべく助け給え。
われらの国が迫害より護られんことを、われ御身に請い願い奉る。
われらいかばかり御身に背きしも、親愛なる主よ、われらを御憐みもて見そなわし給え。
人の子イエズスよ、御身の貴き御血もてわれらを包み給え。
邪悪なるものの罠よりわれらを救い給え。
愛する神よ、今この時、悪が世界を変えることに干渉し、阻止するよう御身に嘆願し奉る。アーメン」(「大警告―マリア・ディバインマースィ―」より)
(2013年5月29日)

''十字軍の祈り第113番―私たちの国の悪を挫く''

おお救いの母よ、われらのもとに来たりてわれらの国を護り給え。

獣の頭(かしら)を砕き、われらに及ぼすその力を挫(くじ)き給え。

われらが虚偽に囲まれしとき、御身(おんみ)の哀れな失われし子らが、立ち上がり、真理を語るを助け給え。

おお神の御母(おんはは)よ、われらの国を護り、われらを強め給え。そは、われらがこの迫害のときに当たりて、御身の御子(おんこ)に忠実なるを得んがためなり。アーメン


a:3329 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional