終末の時―大警告・再臨におけるカトリックの伝統と正統な信仰を求めて

反キリスト

反キリスト

神の啓示をうける聖ヒルデガルド

聖ヒルデガルドの預言…反キリストについて

10日くらい前にロザリオの十字軍の方から聖ヒルデガルドについての情報がもたらされました。14,5年以上前に、反キリストについての聖ヒルデガルドの記事(*1)を読んだ記憶がうっすらとありました。下はその情報についてのメールです。個人情報はカットしています。聖ヒルデガルドは12世紀の人(1098-1179)です。


「…ドイツ人の予言者で聖ヒルデガルトという人がいます。反キリストと、いい教皇様と悪い教皇様のことを予言しています。…聖ヒルデガルトの医学の本はでています。修道院を作った人で修道院長もしていたみたいです。私が…にいたときにドイツ人で聖ヒルデガルトの医学の本をもっていた修道士さんで私が…の病気があったころはパワーストーンの石と薬草をくださいました。…の病気がマリア様から癒された時はその修道士さんにパワーストーンの石と薬草の薬をかえしました。...」

興味深かかったので、さっそく関連本を2冊購入し、昨日届きました。「中世思想原典集成」と「大預言」です。下に転載記事の一部を載せます。(2014年10月15日)

転載:


『「滅びの子、狂気の殺戮者は終わりの時代に臨み、地球がその軌道を外れるときに到来する。この欺瞞者の母親は男たちと汚れた密通を重ね、どの男の精子により孕んだかもわからぬ滅びの子を宿す」

 反キリストは、イスラエル12部族のひとつ「ダン族」から生まれるという。彼は幼少から魔術を教育され、成人するとキリストに似た宗教的天分と奇跡の力を発揮し、「ユダヤ人の救世主」として、世界に迎え入れられるらしい。

「彼は、地を動かし、山を崩し、河を干上がらせ、雷と雹を起こし、森から緑を奪い、再び緑を森に戻す。健康な者を病にし、病める者を健康にし、悪霊を祓い、ときに死者を起こす。自分を剣で刺し殺し、復活の日まできれいな布にくるんでおくよう信者に命じ、殺されたと思わせて復活を演出する」

 この反キリストには強力なバックアップが現れるという。「偽法王」(*2)だ。

「彼はイスラム教からの改宗者で、 枢機卿に昇りつめる。そして、選出されたばかりの新法王を暗殺し(*3)、自分を法王に選出させるだろう。彼は、キリスト教徒の3分の2を味方に引き入れる」

 さらに予言はこう続く。

「彼は、各国首脳、軍部、大財閥を配下に入れ、彼を信じぬ者を滅ぼし、全世界を従える。彼の刻印は地獄の洗礼。人はそれによって、反キリストと悪魔の使徒の判を押され、サタンの力に自分を譲り渡す。この刻印を持たぬ者はだれであれ、売ることも買うこともできず首をはねられる。そのころエルサレムには、キリスト者の血が川のように流れるだろう」

 偽法王と反キリストの結託。それによって、数億のキリスト教徒と全世界の金融とメディアを動かすユダヤ人が「獣」の支配下に入れられてしまうという。政治、経済、軍事力、あらゆるシステムが彼らの手中に落ち、人類は「この刻印を持たぬ者は売ることも、買うこともできなくなるほど」彼らによって、完全に支配されてしまうというのだ。

「キリスト者」に象徴される、反キリストに反対する人々が抵抗を試みるものの、ことごとく弾圧され「首をはねられてしまう」。獣の完全な支配の前には、むなしいあがきにすぎないのである。
 なんと恐ろしい予言だろう。もしかしたら、こうした事態は、もう進行しているのかもしれない。
 さて、完全な支配をはたし、地上最高の権力を握った時点で、反キリストは自分を「神」と宣言。最後の奇跡を試みるが、そこには意外な結末が待っているという。

「昇天の計画は、精巧な装置を巧みに操縦することによって準備された。その出来事が起こる瞬間、耐えがたい悪臭を放つ雲が発生する。昇天の瞬間に落雷が彼を襲い、打ち殺す。この事件を通して多くの人が正気に戻ることだろう」』

転載終了

(*1)転載元

www.asyura2.com/sora/bd6/msg/937.html

引用者註

*2 カトリックでは法王とは言わない。偽教皇のことである。
*3 終末の出来事が延びたので預言が変更になったと思われる。あるいは暗殺の代わりに教皇が退位させられるということになった。

カテゴリ→反キリスト

反キリストと世界統一宗教2


MDMのメッセージに世界統一宗教に関する記述があったので、追加して書いておこうと思います。世界統一宗教とはどんなものなのでしょうか。天のメッセージによれば、『これは、愛を唱えるキリスト教的宗教として現れる。しかしながらそれは神からくる互いの愛を促進するものではない。それは反キリストへの愛と忠誠心とを促進し、自己愛を促進するものだ。
忌まわしきことは止まず、彼らが神の子どもたちをひきつけたときに、攻撃が始まる。

突然、すべての者が忠誠の印を受けるよう求められる。すべてが人間が加わらなければならない一つの世界だ。それはあなたたちの金銭を支配し、あなたたちの食物、生活を支配するのだ。

獣の印…666、その隠された数字は、あなたたちがどんなワクチンも強制されるように、チップの中に入れられ強制されるだろう。
ひとたび埋め込まれたなら、それは毒となるだろう
。精神と霊魂にとってだけではなく、あなたたちの体にも。それは世界人口を多く消し去る目的の疫病をもたらすからだ。

あなたたちは「印」を受け入れてはならない
。…』

世界統一宗教について調べていた時、『日本や世界や宇宙の動向』というブログに「現法王フランシスコの犯罪が暴かれました!」という記事を見つけました。全部が正しいかどうかはまだわかりませんが、ITCCSがローマとマドリッドで発表したこのニュースが真実であれば、彼は恐ろしい悪事-子供たちの拉致、人身売買ーをしてきたことになります。そのニュースによれば、ブラッセルの国際コモンロー裁判所では検察官が3月15日までに教皇フランシスコを訴ったえるための準備をしていると書かれています。天のメッセージによれは、教皇フランシスコを偽預言者と呼び、反キリストをローマの教座に呼び込む準備をしていることは真実のことです。しかしその記事の中の教皇ベネディクトについての記述は,天のメッセージによって明らかに間違いです。こういった情報には慎重な識別が必要だと思います。もう少し時間を経ないと真偽はわかりません。下記のアドレスで、その記事を読むことができます。(2014年2月6日)

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51917115.html


*ITCCSとは国家と教会の犯罪に関する国際司法裁判所のこと。「良心の法廷」とも呼ばれている。

カテゴリ→反キリスト


反キリストと世界統一宗教


メッセージの中で反キリストがどのような人物なのかすでに知らされています。いったいどのような人物なのでしょうか。『彼はまもなく、中東で戦火が拡大し、苦痛と恐ろしい悶えの最中、希望の兆しが見えないときに、その平和の計画をもちこむだろう。
その時、彼は突然あらわれ、世界に自分自身を平和の人、闇の中に光る、輝く宝石として宣言するだろう。
その出現で、彼は有史以来の、もっともカリスマに富んだ政治的指導者とみなされるだろう。そのハンサムで、人をひきつけ、思いやりのある個性は、大衆をあざむくだろう。彼は愛と憐れみをあらわし、キリスト教徒とみなされるだろう。時とともに彼は多くの支持者を引き付け、その数はまし、その結果、彼は私、メシアのようになるだろう。
彼はあらゆる国々の一致を促進するように見なされ、世界中のほとんどすべての国々から愛されるだろう。それから彼は、超自然的な力を持つとみられるだろう。多くの者が、彼はわが父によって遣わされたと信じ、彼こそ私、イエズス・キリスト、世の救い主だと信じるだろう。
多くの者が彼に祈り、彼を愛し、彼のために命をなげうち、彼は、本当の彼を知らぬ者たちを笑い、嘲るだろう。

これは有史以来、最大の欺瞞であり、その計画はあなたたちの霊魂を盗み、私から引き離すためのものである。反キリストはペテロの座に座る偽りの預言者*と世界統一宗教を企んでいる。』(MDMのメッセージ)

ラサレットの預言の通り、ローマはついには反キリストの座になるのです。今のところ、まだ表面的には、カトリック教会には大きな変化は起こっているとは言い切れませんが…偽りの預言者の出現以外は。

そういえば20年くらい前に、天のメッセージを信じている人たち数十人の間で、イエズス・キリストの絵の写真と信じられていた写真がでまわり、それが反キリストのものだとある幻視者の言葉でわかり、みな焼き捨てたという記憶がうっすらとあります。そのまま捨ててはいけないということで、完全に焼かなければならなかったのでした。当時は反キリストには悪魔の霊が入っていると信じられていましたから。今になって思い返すと、その写真にはなにか気味が悪いところがありました。(2014年2月5日)

カテゴリ→反キリスト


:地上の悪…反キリスト

この1,2ケ月の間に 恐ろしいニュースを読みました。一つはインドで1歳半の女児が親戚の男にレイプされ重傷を負ったという事件です。もう一つは、先日中国で6歳の女児が両目をくりぬかれました。角膜を取り売るためです。また、BSテレビのドキュメンタリー番組でアフリカで移植用に内臓を取られた死体がずらりと埋められているという恐るべき画像を半年くらい前に見ました。これらの殺人や暴力は異常な欲望や金のために行われているのです。命は神様からの賜物です。このような犠牲者が世界中でどのくらい出ているのかわかりません。ほとんどが闇の中で行われるからです。20年も前には、米国で毎年3万人の子供が消え、それらは悪魔教の犠牲者であると、ベイサイドで聖母が明らかにされました。黒ミサの犠牲となって子供たちが殺され、その死体がひっそりと墓地に埋められているというのです。
聖母は悪魔のしるしを身に着けてはいけません、とおっしゃいました。動物の骨や角、アンク十字架などです。それらを身に着けることで自分は悪魔のものと,自分では知らないうちにアピールすることになるからです。悪魔のしるしを身に着けていると、誘拐されたり殺されたりしかねないのです。霊的にも実際にも、とても危険なのです。
現在は、20年前よりもはるかに地上の悪は増大し、ソドムやゴモラの地よりもひどいと天は言われています。
カトリックには、メダイというものがあり、お守りとして首に鎖やひもでかけます。お風呂の時も、最低ひもロザリオと不思議のメダイ*をつけるようにしています。信仰がなければ無意味ですが、不思議のメダイ、聖べネディクトのメダイ、大天使聖ミカエルのメダイ、自分の霊名の聖人のメダイなど数個を身に着けています。メダイは司祭に祝別してもらうべきです、とベイサイドの聖母はいわれました。とくに聖ベネディクトのメダイについて強調されていました。悪魔に対して強力な力のあるメダイだからです。
昨夜ベイサイドの英語の本を調べていたら、聖母が下記のラサレットの預言について言及されていました。

ローマは信仰を失い、反キリストの座となるでしょう。(第27)

ラサレットの預言は知っているはずでしたが、英語で読むと、初めて読んだような衝撃がありました。
これはつまりは、バチカンが反キリストの座になると聖母が言われたに等しいからです。ラサレットの預言は真実の預言として認可されたものです。当時の教会が未来の教会の破滅の預言を認めていたということになります。

本日のトリエントミサでは、殉教者、聖プロト、聖ヒアチントの記念が祝われます。「プロトとヒアチントは兄弟で、聖女エウジェニアの召使であった。エウジュニアと共にローマに来て洗礼を受け、3世紀中葉、殉教した。1845年ローマにおいて、その墓が発見され、1934年以来、その遺骨はジャニクロ丘山のプロパガンダ大学新聖堂に保存されている。)(「毎日のミサ典書」)(2013年9月11日)


a:3850 t:3 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional